心・身 環境

パソコンで設計図を作る仕事柄うつ病になり休職

「設計の仕事柄パソコンを1日中使います。会社で働いていて身体がおかしいと感じ始めましたが、身体がだるく、仕事をしていて長続きがしなくなりました。顔色も悪くなり、人としゃべることがおっくうになり、苦手意識が出初め、会社へ出社することを拒絶するようになりました。
鬱病の診断書から3ヶ月間の休職が認められ、家で過ごすようになりました。ただ一日中ぼんやりと過ごす日が続きました。気持ちはあせりますが、身体が思うようにならず、元気のない状態でした。
 
ネットで自律神経失調を探していてオルゴール療法に行き当たりました。初めてオルゴール療法に参加して、電磁波過敏からの鬱病だと研究所から云われれました。 職場では沢山のパソコンや大型のプリンターなどがあります。一日中パソコンに向き合い、その電磁波の影響を受け、身体がだるくなることが解ったのです。家に帰ると楽になることからもそれが納得出来ました。
 
1回目の療法で少し身体が元気を感じました。体調が良くなり、身体全体が安定しました。電磁波過敏が治ると鬱病が解消するのだとかすかな希望を抱きました。 5月からオルゴール療法を自宅で始めることにしました。11日経ったときに好転反応が出ました。
 
① 少し声が大きくしゃべられるようになりました。
② 苦手意識がなくなりました。
③ 身体が軽くなりました。
④ 血の巡りが良くなったせいか、身体があつく感じます。
⑤ 顔色が良くなり、表情が明るくなったようです。
⑥ 落ち込まなくなり、笑えるようになりました。
 
それは、私にとっては大変な変化でした。療法を始めて20日間を過ぎて不思議なことに気持ちが落ち着いています。緊張が解けて、声の調子が低くなりました。テレビが面白いと感じ、音楽を聞いて楽しくなり、久しぶりにカラオケに行った時、声が良く出るのに驚きました。身体がしゃんとして、表情が明るくなり、態度がおどおどせず堂々として、落ち着いてきたのが自分でもはっきり分かりました。オルゴールを聞き始めてから疲労感が取れて、やる気が出たのが分かります。無気力で、全く力が出なかったのに、頭の回転も良くなりました。
 
休日に本を読むときも、テレビを見るときも音量を消して、オルゴールを聞きながら画面を見るようにしています。不安感が嘘のようになくなりました。そして安心感があります。薬は苦しかったですが、全く飲んでいなかったのも良かったと研究所に云われました。『顔付がきりっとして、美男子になった』と友人に云われ 心から笑えるようになりました。
 
あの苦しい電磁波からの鬱病がオルゴール療法で解消するのかと思うと、オルゴールに出会えて良かった。今自分は生きている、3ヶ月前の息も絶え絶えで、もう会社に行けないのではないか?このまま会社を辞めなければならない不安感でいっぱいでした。水の中を歩くように身体が重たくなり、なんとかしてとあせりばかりだった鬱病の感じが遠のいて行くのが身体で感じます。
 
鬱病からだったと思いますが、不安感から無駄使いや衝動買いをしていたのがなくなりました。いつも過食気味で、間食が多かったのに、しなくなりました。今は心が満たされている感じです。身体の力が出て来て、いろいろやりたいことがあることに気づきました。
 
3ヵ月が過ぎて仕事に復帰しました。恐る恐るでしたが、今パソコンに向き合っても何とも感じません。まだ職場でよく使う大型のプリンターの前に行くと強い電磁波を感じます。
 
携帯電話も普通に使えるようになりました。いつも緊張してあがり症になっていたのが全くなくなりました。以前は会社に行くのを拒絶していたのに、すっかり解けました。心がうきうきしています。鬱病から日に日に解放されて行くので自信のようなものが出来ています。5月から休職して、3ヵ月で鬱病が改善され、職場復帰が出来ました」 2004/9/10 
 
「先週から急速に集中力が快復して、仕事の面で細かいところまで行き届くようになりました。雑念が消えて霧の中にいるような感じが次第に薄れています。細かい 計算もきちんと出来るようになりました。タバコを吸っても平気になりました。あと遊びに行きたい気分や友達と遊びたい気持ちが戻れば言うことはありません」 2004/10/8 M.E. 20歳代男性 福岡市

カテゴリ:心・身 環境  タグ: