心・身 環境

パニック障害で起きあがれないのをオルゴールで助けられました

パニック障害といわれ、近くに歩いて出向くことは出来ますが、車やそのほかの乗り物で外出は出来ませんでした。電車の中で苦しくなり、息が止まりそうになって、失神状態から病院に救急車で運ばれパニック障害と診断されました。

それ以来乗り物に乗ることは出来なくなり歩くことが唯一の移動手段になりました。何年も前にオルゴールコンサートに出かけて、オルゴールを聴いたとき涙が止まりませんでした。何か堰を切ったように泣けて仕方がなかったのです。

あのときオルゴールが自律神経失調に良いと聴いたのを思い出して一心に聴きました。何か張りつめたものが和らぐ感じです。スーと深いところへ落ちて行く感じで空中に浮いているような感じです。未だ恐怖心はありますが、仕事が続けられているのはオルゴールのお陰だと感謝しています。」 2002/7/25 30歳代の女性

カテゴリ:心・身 環境  タグ: