心・身 環境

ストレスから神経性の狭心症となりました

「8年ほど前からストレスと不眠による神経性の狭心症に悩まされ、苦しんできました。神経性の狭心症と診断されてから、いろいろな健康食品や、療法も数多くやってきました。食事療法は現在も行っております。よく眠れると、狭心症の症状も軽くなるのですが、冬の営業がきつくなるとまた、不眠が現れ、胸が苦しくなってくるのです。

ストレスが不眠を起こし、不眠からの狭心症だそうですが、眠れないというのは、本当につらいものです。睡眠誘導剤も試していますが、気分のいい日が訪れず、明日こそはと思いつつ毎日を送っています。ホームページの狭心症を探していてオルゴール療法に出会いました。これで狭心症が治るかもしれないと直感したのです」

「オルゴールが4月の1日に我が家に届きました。うれしくなり感動が広がり、箱を開けるのが怖いような気持ちになりました。一回目は不思議な気持ちで15分間聞き入りました。2回、3回と聞くうちになんとも言えないカノンの曲の魅力が全身にしみてくるのを体感しました。何度も何度も聞くことによって、体がオルゴールを求めているんだと気がつきました。スウーと眠気に誘われそうになり、やっと2ヶ月ぶりに眠れるのかなあーと思っています」 4/1

「オルゴールが届いて1ヶ月が経ちました。カノンが魂の奥まで響いてくるような美しいメロディーに感じるようになりました。20日くらい経った頃から、不思議なことが起こりました。毎日6時間、途中で目も覚めず、ぐっすり眠れるようになったのです。そして、胸の苦しさがほとんど感じられなくなっています。神経が普通になり、眠れるようになって自然に狭心症が解消されたのでしょうか?本当に信じがたい程の効果に驚いています。

田んぼの作業やぶどうの手入れなど農業の重労働も苦にならず、以前より疲れが軽くなりました。夜の会合も不眠と胸の苦しさでもがくほどの狭心症の苦痛が楽になりました。オルゴール療法を続ければ治るんだと本当に確信出来るようになっています」 5/13 

「睡眠と狭心症は深い関係にあるのですね。オルゴールを聴いて50日ほどですが、睡眠が5時間くらいの時でも、疲れ切っていても、狭心症の、あの胸の苦しさが感じられなくなっています。10年前の自分に戻ったような嬉しさがこみ上げています。脳幹を刺激することが、身体的にも、精神的にもブレが少なくなってくるのですね。恒常性というか、安定してきているのが感じられます。寝る時は、もう離せないですね。しっかり治してゆきたいと思っています」

 

5/21 山形県 50歳代 男性

カテゴリ:心・身 環境  タグ: