心・身 環境

冷蔵庫の前のドキドキは電磁波症候群だと解ったのです

「半年前からめまいがするようになり、頭が痛く、心臓がドキドキするので医院を尋ね、自律神経失調と診断され、精神安定剤を飲むようになりました。
症状は①ふらふらする ②不安を強く感じる ③心臓がドキドキする ④いらいらして歩き回る ⑤身体がしんどくなる ⑥気分が悪くなる ⑦食事が喉を通らな  ⑧外出したくなる ⑨温泉に行くと気持ちが落ち着くという感じです。

初めに電気の影響ではないかと気づいたのは、家の冷蔵庫の前を通ると頭がぐらぐらして心臓の動悸が早くなり苦しくなったからです。スーパーに行って食品売り場の大型冷蔵庫の前を通ると同じ症状が起こりました。

電磁波過敏症とホームページで知ってオルゴール療法に参加してみました。研究所から電気製品の環境を聞かれました。当時スーパーのエスカレーターの下で携帯電話の仕事をしていました。自宅のマンションの敷地に、大きな変電機がありました。1階には夜通し動いている自販機も影響していることが解りました。 電磁波症候群から自律神経失調となり、様々の症状が出ていることが理解出来ました。

オルゴール療法に参加して、2回目でウインナーや魚や脂物が食べられるようになりました。

自宅でオルゴール療法を始めて1ヶ月半が過ぎました。特に良くなったという感じはありませんが、それでも、オルゴール療法を始めて不安感がなくなりました。心臓のドキドキも忘れています。歩き廻ることもありません。気分が悪くなることは、この1ヶ月なくなりました。食事が喉を通るようになりました。未だふらふらしたり、時々しんどくなることはありますが。

自宅では寝るときに15分、そのほか1日に2,3時間くらいは聞いている感じです。月に1回は療法に通うようにしたいです」 2004/5/19 神戸市 30才代女性

カテゴリ:心・身 環境  タグ: