心・身 環境

ふらつきやめまいは電磁波過敏症だったのです

「朝、胸の辺りが重苦しく息苦しさを感じて会社を休みました。内科で受診して薬を頂きましたが、次の日の夜中に息苦しくなり救急車で病院に運ばれました。

それ以後調子が悪く心療内科にも行きました、ここでは「パニック症状です」と言われました。会社では休憩が少なく昼食が摂れません。頭痛・吐き気が起こり3日前から一人では歩けない状態になりました。さらにふらつき・めまい・手足の冷えなどが次々に起こりしました。

仕事で1日中パソコンを使い、残業で夜の10時~11時になることも度々でした。携帯はメールでやりとりしています。食欲は細く、肩や首のこり・ふらつき・めまい・手足の冷えなどあり身体が重く、1日中寝ていたいのです。

3月末に倒れたのですが、そのときは、仕事が忙しいシーズンのため休めず、帰りはいつもより遅くなっていました。10月になって偏頭痛のため市内の外科病院で10日間検査入院をしました。結果は異常が無く『血管が細くなっているだけだ』と診断されました。頂いた薬が身体に合わず近所の内科医に相談してのむのをやめました。

4月になって新聞の記事を見て「オルゴール療法」を知り参加してみました。電磁波過敏症と教わり、はじめてこんな病気があることを知りました。最初は母に身体を支えられてそろそろと歩くのがやっとの感じで通いました。

初めてオルゴールを聞いた後で、手足が温かくなり、帰りには母の手を借りずに歩けました。頼りない歩きながら、よちよち歩きが出来ました。嬉しかったです。顔も真っ赤になり体中ほてっていました。

2回目3回目と療法を続ける内に頭痛は、少しはありますが背中がしっかりしてきて顔の血色も良くなってきました。他の方からも『声がはっきりしてきて大きい声になったね』と言われるようになったのです。

6回目になるとしっかり歩けるようになり8回目頃には足のふらつきがなくなりました。10回を過ぎる頃には家の回りを散歩できるようになり、外出が少しずつ増えてきました。夜もよく眠れるようになり目がしっかりしていると感じています。

20回目を迎えて歩くことがとても楽になってきました。多少調子の良い日と悪い日がありますがそれは気温や気圧が影響しているようにも思います。

療法を初めてから2ヶ月経ちました、体調も良くなり食事もよく食べられます。夜中に何回も起きていましたのに今はあまり起きませんし、ふらつきも少なくなりました。

カテゴリ:心・身 環境  タグ: