女性 美容と健康

卵巣嚢腫の腫瘍マーカーが95から43に下がりました

「娘が中学校1年生になった2002年に貧血の診断を受けました。内科で超音波検査やMRIの精密検査を受けて、産婦人科に回され、左卵巣嚢腫が発見されたのです。ゼリー状の粘液性嚢胞腺腫で、右には卵巣嚢腫はないそうです。元々子宮筋腫がありましたが、子宮の外側で痛みはなく、閉経すれば多分小さくなるから心配しなくて良いと言われて安心していました。

 

卵巣嚢腫の大きさは6cm程で、9月15日の血液検査では腫瘍マーカー(CA125)は95でした。100を超えると手術をしましょうと言われ、手術だけはなんとか避けたいと思って、お世話になっていたオルゴール療法に励みました。頭の傍で聞き、お腹にオルゴールを当てて、1日沢山聴くようにしました。大変気持ち良く、そのうち眠ってしまうと娘がゼンマイを捲いてくれます。

 
その甲斐あってか、11月7日の検査では腫瘍マーカーは79に下がっていたのです。進行しているとばかり思っておられた先生が驚かれました。さらに2月20日には43まで下がっていたのです。35が安全圏だそうですが、卵巣嚢腫のほとんどが良性と聞き、エコー検査で卵巣嚢腫も次第に小さくなり5.8になっていました。これで手術が遠のきましたので嬉しいです。オルゴールを一生手放せなくなりました。感謝しています。」 2006/03/05

 

【2008年2月9日】 その後の経過も良好だそうです。半年で12の疾患を次々改善され喜ばれました。卵巣嚢腫は体質改善が必要ですから抵抗力を付ける為にオルゴール療法を続けるようにお勧めしました。グループ療法にも続けてご参加されていて、『現在、卵巣嚢腫のご心配がなくなり毎日気持ちがいいです』と経過ご報告でした。

 

はじめに鬱の症状で来館されました。1ヶ月でほぼ鬱の症状が改善されてから口角炎を始め12の疾患を次々に解消された被爆二世の方です。元々冷え性でしたが、現在は体温は36度8分を維持され血色が見違えるほどになられました。

 

半年の間に13年間苦しまれた12の疾患を次々に改善され、オルゴール療法が根本の療法で潮が退くようにお元気になられた典型的な症例です。

カテゴリ:女性 美容と健康  タグ: