脳・脊髄・神経

顔面痙攣が起こり顔面神経失調症と診断

「内科で顔面痙攣の起こる顔面神経失調症と診断され朝晩薬を服用しています。不安で眠れない夜を過ごします。耳の後ろからボアーンとふさがる感じです。顔面の左側が時々にピクピクと痙攣を起こしています。家族の病気が心配でいつも緊張状態で気の休まるときがありません。深く眠れて、リラックス出来るようになりたいです。
 9月の初めにオルゴール療法を紹介されて参加しました。療法後の体温は36.7度で温かく感じました。次の日の目覚めが良く、久々に快眠出来ました。熟睡して、6時間寝ました。起きた時にすっきりして、頬のつりがありませんでした。身体がとても軽いです。それ以来よく眠れるようになりました。

 5回目、顔面痙攣がなくなり、顔の引きつりが取れました。耳の後ろのボアーンとした感じが減りました。目の玉や耳を動かそうとすると痛みが走っていたのが取れました。不安がなくなったせいか笑顔を取り戻せたようです」 2004年9月12日 60歳代女性 C.T.さん 大阪府

カテゴリ:脳・脊髄・神経  タグ: