脳・脊髄・神経

ストレスから顔面痙攣を発症しました

「1年半前に主人の父が亡くなり、事情あって、昼のパートを始めました。更に夜のパートが加わり、夜9時から12時までの仕事も長くなると疲れがたまったのでしょうか?顔面痙攣に加えて唇の廻りや下瞼や更に、足や肩胛骨や胸の辺りもピクピクと痙攣が次々と起こりました。
 
脳の検査では異常なしで医師は『ストレスからだろう』と言われ鍼灸に通うようにしました。頬の痙攣は外目に気になり何とか治らないものかとオルゴール療法のホームページで顔面痙攣を見つけ、仙台から大阪の個別療法に参加しました。早速オルゴール療法を自宅でも始めてから3週間程でどんどん症状が改善され調子がよくなりました。
 
主人も『顔の痙攣もほとんど気にならないよ』と言ってくれていますが、自分では未だ違和感が残っていました。
 
1日合計で2時間くらいオルゴールを聞いたでしょうか?鍼も2週間行ってません。ところがその後に交通事故に遭いその緊張のせいか、2,3日顔面痙攣の症状がぶり返したのです。すぐに研究室にお電話を入れて、もっとリラックスする聴き方を教わりました。電話でお話して安心したせいでしょうか?気持ちが楽になりました。この調子で良くなると自信のようなものを感じています  
 2005/6/10 仙台市 女性 S.S.

カテゴリ:脳・脊髄・神経  タグ: