脳・脊髄・神経

坐骨神経痛がオルゴールで快方へ

「平成12年の夏、脳梗塞をひきおこしました。比較的軽い脳血管障害でしたが、それでも頭はふらふらとして、定まらず、左半身が不自由になったせいか足がふらつきます。立ち上がって歩行する時に全身のバランスが取り難くなりました。
 
末梢神経の異常から坐骨神経痛が起こり、腰や首のヘルニアが始まり、その上耳鳴りがひどくなりました。体温は低く35.5度が平均で頭が重く感じられ、全身の活動が鈍くなりました。坐骨神経痛がひどく眠れないこともしばしばで、朝まで起きていることもあります。
 
12月も末になり、娘に連れられてオルゴール療法に参加しました。初めてのオルゴール療法でしたが、唾液が凄く出たのには驚きました。しかし手足はしびれ、足にこむら返りを起こし、右足が引きつる現象が出てどうなるかと思いました。療法後体温は35.7度でした。
 
2回目の療法中に坐骨神経痛が無茶苦茶に痛み始めましたが、翌朝にはすっかりと取れていました。
 
3回目の療法後に喉の痛みがなくなり、重かった頭が軽く感じられました。
 
4回目の時にあれほど痛んでいた坐骨神経痛の痛みがありません。2回目にひどい痛みが出て心配しました。ずっと痛みが続いていましたから。痛むと足を叩きました。膝も痛み、くるぶしまで痛みが広がりました。始め筋肉がゆるんできて、次に引き締まり、膝の上まで痛みます。両手はびりびりとしびれるのです。その坐骨神経痛が不思議な程に今ありません。体温は35.9度でした」  2004/12/28 大阪府 70歳代女性 S.M.

カテゴリ:脳・脊髄・神経  タグ: