脳・脊髄・神経

帯状疱疹後神経痛がオルゴール療法で取れました。

「8年前30才代の時に、コンピューターのソフト会社に勤めました。部屋中 多くのコンピューターが並び,壮観でした。仕事は順調でしたが、その内に 目が痛くなり、肩に重しが乗ったような感じで疲れました。仕事仲間で病気 が多く、集団検診で多くの人は白血球の異常であると判りましたが、これも 職業病と諦めて仕事を続けました。白血球が異常に少なくなり、免疫力が落 ちたのだと判りました。

 

それでもその当時は若さで頑張りましたが、抗しきれず、帯状疱疹ヘルペスに掛かり すぐに帯状疱疹後神経痛が始まりました。ストレスから抵抗力をなくして水 疱瘡のウイルスが勢いを増して、発症するのだと説明を受けました。

 

後頭部の帯状疱疹後神経痛が最もきついのだそうです。剣山の針を細くした ようなもので後頭部をガンガンガンと続けざまに強打するような激痛が走ります。 それが24時間続くのです。もう生きた心地がしませんでした。『このまま 死なせて』と母に何度も頼みました。それ程の正に激痛だったのです。極度 の不眠になり寝られない日が続いたのです。

 

医院で抗生物質を出して頂いてから痛みが和らぎました。『良く我慢出来た な、男性なら気絶している』とあきれておられました。
オルゴール療法に松山から何度か通う内に、オルゴール療法の途中から身体 の重さが消え、痛みがなくなります。気のせいかと思っていましたが、今朝も 船の中で帯状疱疹後神経痛が起こっていて、その後身体が重く動くのさえお っくうなのがオルゴール療法が始まると痛みが取れ、身体が軽くなるのです。

 

療法は10回を超えますが、決まって不思議と痛みが取れます。特にハンド オルガンが頭に響いて気持ちが良くなります。免疫力が上がって痛みが取れる のでしょうか?太ももの火傷のような熱さも不思議とひいて行きます。

 

今年は、肘にも感じていた火傷のような熱さも少なくなりました。 始め音楽を聴くと気持ちが良いから、気が紛れるからかと思いましたが、 それで痛みが忘れられるくらいの生易しい痛さではないことは良く知っています。これは オルゴール療法のお陰しかないと確信しました。知人にオルゴール療法をいくら話しても信じてもらえ ません。あの痛さは、痛み止めも効きません。抗生物質だけが頼りでした。はっきり オルゴールが今、私の頼りです。」 2/13 松山市 女性 M.F.さん

カテゴリ:脳・脊髄・神経  タグ: