脳・脊髄・神経

認知症高齢者の症状を解消して元の元気な顔になりました

 

「高齢者認知症と診断されました。認知症高齢者はMRIで検査するとはっきり分かるそうです。「80歳の父は3年前から認知症と診断されました。すぐに薬が処方され、飲み始めました。友人を忘れ、次第に語彙も少なくなり、計算するのも難しくなりました。認知症高齢者の症状が進み不眠で睡眠薬が出され、便秘の下剤を飲むようになって本人も随分不安な表情を見せていました。

 

4月21日に始めてオルゴール療法に参加して、身体が温かくなり、足が膝まで温かくなり、これは効果があると判断して、すぐにオルゴール療法を始めることにしました。レンタルのオルゴールをご用意して頂いたのが4月の末でした。それから毎日、父の枕元でオルゴールを鳴らしました。1日、2,4時間指導された通りにオルゴールを聴きました。1ヵ月経って睡眠薬が要らなくなったのです。

 

眠れない時は一晩中テレビをつけていました。まわりはとても迷惑しました。それが今ぐっすり朝まで眠ったままです。それから便秘が見事に解消しています。1日1回のお通じがどれほど有り難いか?介護の身には幸せに思える程です。下剤が不要になりました。

 

そして、最近ぼけの症状がうすれています。頭がはっきりしてきました。孫の勉強を見ているのですが、塾の宿題も膨大ですが、今まで見向きもしなかったのに先日も熟語の宿題30問出されて、それを全部解答出来たのです。心機一転など私達にももう難しい熟語です。計算もしっかり出来るようになり、病院の窓口でおつりを看護師さんに自分から計算して言うまでになりました。

 

昔会っていた知人を見てしっかり思い出したので、家のみんながびっくりした程です。最近、手押し車を押して一人で散歩して帰って来るようになりました。『以前はビールはいらない』と言っていたのに気分が良いのか飲むようになりました。おじいちゃんの認知症高齢者がオルゴール療法で良くなっているので医師にそのことを報告しました。『僕もオルゴール療法をやりたいな』と冗談を言われました。今まであまり変化もなかったのですから、オルゴール療法のお陰だと喜んでいます」 2005/6/19 大阪市 60歳代女性 K.M.さん

 

カテゴリ:脳・脊髄・神経, 血液  タグ: