脳・脊髄・神経

交通事故で脳出血(脳卒中)を起こし右半身の機能が不自由です

 

「10年前に、バイクに乗っていて車と衝突しました。高血圧気味で、血管の壁が弱かったのでしょうか? その事故で脳出血(脳卒中)を起こし、後遺症から身体の右半身が不自由になりました。足に装具を付けて杖を使って歩きます。自分では普通に思っていますが、おしゃべりが遅く、不明瞭なところがあると言われています。右目の視野が極端に悪く、ほとんど見えない状態です。主人に助けられて、オルゴール療法に3月から通い始めました。

 

オルゴール療法はとても気持ちが良く、身体が温かくなり、療法中に眠ってしまいました。家でもよく寝られるようになりました。霜焼けの足の指が収まっています。8回目の療法で、右の耳が左と同じように聞けるようになりました。今まで右肩が冷たい感覚でしたが、肩こりがはっきり感じられます。肩が上に上がったように感じるのは感覚が戻って来たせいでしょうか? 10回目、心臓が初めてバクバクと動くのを感じました。

 

12回目、右足の感覚が戻って来たのでしょうか?しびれが切れた時の感じです。血液の流れを顔に感じて、右側の顔が忙しいという感覚です。13回目、手の先の感覚が少し戻ったようです。右脇の下のこりを感じます。今までその感覚がなかったのにです。療法では、右手の親指が少し広がっているのに、家に帰ると元に戻ります。顔色が良くなったと主人に言われました。右側の感覚が戻っているせいか、右側が重たいと感じます。体温36.3度でした。

 

19回目、動きの悪かった右手が身体の後ろまで廻り、右後ろの筋肉が動いたのでびっくりしました。脳出血(脳卒中)の後遺症が快復してくれれば嬉しいです」 9月12日 50歳代女性 M.N. 大阪府

 

カテゴリ:脳・脊髄・神経  タグ:,