脳・脊髄・神経

パーキンソン病と5年前に診断されました

「5年前まではゴルフが好きで、あちこちとよく通いました。至って元気で身体のことで家族に迷惑を掛けた ことはありません。ゴルフをしているときに、手にしびれがきて、軽い腰痛もあり、膝の関節がおかしくなり、 医院で典型的なパーキンソン病と診断されました。
 
知らぬうちに次第に前傾姿勢となり、歩く歩幅も小さくなりました。 ゴルフどころではなく、医者通いの身となりました。低血圧で90-65と低く体温は35.8℃と低い方だと 思っています。家族の知り合いに橋本病を治した方がいて、身体を根本から治すと原理を聞かされて、 パーキンソン病にも効果があるかも知れないと思って10月からオルゴール療法を始めました。
 
■ パーキンソン病へコメント:
この60歳代の男性のパーキンソン病にオルゴール療法を取り組まれる症例を早い段階から検証して行きますので その過程をご覧になって下さい。
<1回目>「療法が終わって身体があついくらいです」2003/11/16
<2回目>「身体が極端に温かいのに気が付きました。血圧95-69でした」
<3回目>「血圧が114-78になっていて驚きました。数値が三桁になったのはこの何年間の記憶 にないのです」
<4回目>「身体があったかいです。血圧108-74でした」
<5回目>「腰の関節が温かいのです。療法の前後で身体全体の暖かさが確実に違っています」
<6回目>「今日は血圧が107-74でした。身体が温かく、足も温かいです。体温測定で36.2℃でした。 昨日は腰痛があったのに、今日は腰痛がなくなっています!疲れなくなりました」
<7回目>「血圧110-83」
<8回目>「手の震えが止まり、握力が出て来て文字がちゃんと書けるようになりました」
「体重が3.5キログラム増えて少し困っています。体力が戻ったように感じて、昨日からオルゴール療法に 電車で来れるようになりました。少し疲れましたが」
<9回目>「身体は温かいです。103-74です」
 

<10回目>「2003/10/28は、家族に車で送ってもらいましたが、車が混んでいて自宅からオルゴール館まで2時間、 車の中で座り放しで疲れて調子が悪いです」
 

<11回目>「10/29、「久しぶりに車を運転したくなり、自分で運転してきました。少し疲れました」 療法で疲れは取れました。今まで車はとても無理でしたが、何か力が出て来たようで、気持ちが しっかりして来たようで有り難いです」
 

<12回目>「腰の痛みが止まりました。有り難いです。血圧110-78」
<13回目>「腰痛が本当に取れました。真っ直ぐ立てているように感じます。2日前に大阪から岡山まで自分で 車を運転して来ました。今まで100km以上はとても無理でしたが、ちゃんと往復200kmを運転できました。11/1」
 

<14回目>「昨日は暖かかったので犬の散歩に1キロ歩きました。引きずられて倒れましたが直ぐに立ち上がれました」
 

<15回目>「車を運転してきました。身体がしゃんとしている感じです。子犬の散歩で1キロほど歩きました。 パーキンソン病が快方に向かっている感じです」
 
<16回目>「犬の散歩で上り坂がまだきついです」
<17回目>「肩が極端に軽くなりました」
<18回目>「初めて動悸がしました。血圧136-106でした。指の震えは全くありません」
 
<19回目>「電車で来ました。2時間かかりますが、地下鉄の20分間立ったので疲れました。昨日医院で血圧を計ったら 126-79で医者が驚いていました。ずっと90台でしたから」
 
<20回目>「体重は3.5キロ上がって、体力が着いた感じです。犬の散歩しました。今日は2時間かけて電車で来ました。 昨日療法会館の急な階段を手すりを持たずに降りられました。びっくりです」
 
<21回目>「頭から音楽が入って来る感じがしました血圧105-79です」
<22回目>「肩と首のこりがなくなりました。腰が曲がっているのをMRIで検査して判りました。腰椎の4番と5番 に異常があることが判りました。昨日バスが来たので初めて走りました。とにかく嬉しいですね。5年間も不自由し ましたから。血圧105-70も3桁で定着しましたし。パーキンソン病が治っていくのを実感しています」 2003/11/22
 
<23回目>「血圧115-81です」
<24回目>「風邪気味です血圧107-81」
<25回目>「不思議ですが、風邪が治りました。血圧107-81」
<26回目>「身体が暖かです。療法終了後に体温が36.7℃。になっていてびっくりしました」
 
<27回目>「肩こり、頭痛がなくなっています 血圧117-80です」
<28回目>「血圧118-77でした。薬は副作用があるので一切飲んでいません」
<29回目>1ヶ月半の44日目です。血圧は医者がびっくりする程正常になり、体力もつき、 体重が3.5キロも増えて血色も良くなり、腰痛も肩こりも取れました。なによりも手の震えが止まって 手紙が書けるようになったのが嬉しいです。パーキンソン病を薬も使わずここまで治して頂いて有り難い です。オルゴール療法のお陰です」 2003/12/28 
 
コメント:
 
以前より真っ直ぐ立っておられるので、無理して 立っていますか?とお尋ねしたら、『何も無理していません』とお答えです。パーキンソン病へオルゴール療法の 初めての試みとして、快復の過程を見て頂きました。この方は手の震えがとまり、文字が書ける ようになられました。車の運転も出来るようになり、血圧があがり、お顔の血色が見違えるようになって 喜ばれました。
 
35℃台の体温が36.2℃に上がっています。少しですが、身体が真っ直ぐに伸びて きています。体力が出てきたことも、快復の証でしょう。同時に気力も出て、良い方に循環していますので 益々お元気になられましょう。血圧を自然上昇して、血流を促進し、体温を上げることが、如何に重要 かをこの検証は示していると思います。
 
薬は副作用があるので飲まないと云われました。そのことも快復を 早めていると思います。交感神経を高める薬は、益々筋肉を硬直させて、病状を悪くすることがあると 最近の医学が薬の多用を戒めています。自然治癒力を引き出すオルゴール療法の優れた効果としてご参考に して下さい。

カテゴリ:脳・脊髄・神経  タグ: