循環器・心臓

しつこいレイノー症状に罹り、初めに手が真っ白になりました

「初めに手が真っ白になり、第2関節から先が、バリバリとした感じで、手先が 白くなり、感覚がなくなって冷たくかじかんで、痛みました。お湯につけると 症状は瞬間に消えます。カイロではだめでした。45度のお湯につけると シューと消えてしまいます。その内足の先も同じようになり、冷えて痛みます。 お湯につけると、症状は消えるのですが、手足の冷たいレイノー症状はなくならず、 39歳から20年間レイノー症状と診断されて持病となりました。

 
数年前からオルゴールを聞き始めました。当時精神的に参っていて、オルゴール の美しい音色を聞くと涙が出て止まりませんでした。毎日、夜おやすみに オルゴールを聞いて寝るようにしてから、レイノー症状がなくなったのです。 手足が温かくなり、手のバリバリ感がなくなり、指先の血色が良くなりました。
 

もうお湯を使う必要もなく、いつの間にかレイノー症状が解消してオルゴール療法の 効果を初めて味わいました。オルゴール療法研究所から『血行を良くすること が療法の基本です』と言われ、有り難さが分かりました。オルゴールはとても 好きでしたが、まさか?と聞き流していたのが恥ずかしいです」 2004/11/10  60歳代女性 M.M. 

カテゴリ:循環器・心臓  タグ: