消化器

仕事の厳しいストレスから食欲不振になりました

仕事のストレスから食欲不振を起こしました。身体はやせて行き、力がでません。仕事は何とか続けていますが、胃のむかむか感が取れず、その内胃潰瘍の診断を受け、4月の10日間の入院をして胃潰瘍の手術をしました。
 
胃酸の分泌が異常に多く、胃壁を痛め胃潰瘍を起こしていると診断されました。低血圧もあり、8月からオルゴール療法に参加することになりました。8月の末に2回目の療法で2時間近くオルゴールの響きがとても気持ち良く、身体が温かくなり、途中からお腹がごろごろと鳴り、終わって、極端にお腹が空きました。
 
療法に通う度に、日頃はお腹などゴロゴロ鳴ることもないのに、ゴロゴロ鳴り、胃腸が動いている感じなのです。胃の調子がとても良く、むかむかしなくなりました。
 
毎日の胃薬が減りました。療法に参加する度に、お腹が空き、食欲が出ます。『早く太って元気になりたい一心です』胃痛がなくなり、食欲不振から抜け出せたらと、そればかり考えます」 今井亮子さん(仮名) 20代の女性

カテゴリ:消化器  タグ: