血液

特発性血小板減少性紫斑病の血小板が驚きの改善

25年前に父は特発性特発性血小板減少性紫斑病と診断されました。100幾つかある難病の一つだそうです。特発性血小板減少性紫斑病を軽減するために脾臓の摘出の大手術をしました。食事など生活習慣に気を付けて家族でサポートしました。
 
 血液の中の血小板の数が普通15万~20万ですが、7万台まで減少しました。無理をしたのとストレスが重なり体調をくずして血小板の数が1時3千に下がりました。出血がいつ起こるか分からない、命に関わるからとすぐに入院したのでした。
 
 医師から『副作用の強い副腎皮質系の薬か漢方薬かどちらか選びなさい』と言われましたが、薬が嫌いでどちらも選びませんでした。パワーストーンの力を借りて血小板の数が戻り退院しました。それで安定していたのです。
 
 3ヶ月前の昨年10月に何か強いストレスを受けたのでしょう。血小板の数が7万に下がり、更に3万にまで下がりました。
 
 母からもらったオルゴール療法の会報に電磁波過敏症の記事を見てここまで分かっている方がいるのか、是非お会いしたいと療法に参加し体験してこれは凄い究極の療法だと実感することが出来ました。 
 
 1月の27日から研究所のオルゴールを聞き始め、3万まで下がっていたのに、この2月の11日に血小板の数値が、驚いたことに、3倍の11万5千に上がったのです。妹の子宮腺筋症の激痛がこのオルゴール療法で劇的に取れていることもあり、信ずるに足りる療法だと家族で感心していました。
 
 オルゴール療法しかしていませんから、父の数値の改善は、見事に効果を立証してくれました。とても良かったと喜んでいます。薬の嫌いな父に副作用もなく、オルゴールのエネルギーを頂く素晴らし療法だと改めて思いました」 2008年2月13日 兵庫県 女性 M.M.さんから
 
「数日前の検査で、父の血小板の数値が16万4千まで上がり、本人が一番びっくりし家族で喜んでいます。1年前数値が3,000までに下がった時、医師から『明日はありません。延命処置はしませんよ』と言われてショックでした。この2月からオルゴールを毎日3時間聞いて、ここまで回復しています。糖尿の血糖値も300あったのが、今110まで下がりオルゴール療法の効果を再認識しています。
 
「最近父の血小板の数値は安全値と言われている19万を維持しています。そして父は最近いろんな人に『顔色がいいね』とよく言われるそうです。ほとんどの知り合いは父が難病で命に差し障りのあることを知っています。命を取り留めただけだも凄いのにどんどん元気になっているのは本当に信じられないです。ありがとうございます」
  
コメント:特発性血小板減少性紫斑病
 
 「血液中の血小板の数が10万個以下になると出血の症状が現れるものですが、この方の血小板の数が正常に戻ったことで良い結果だと思います。今後もオルゴール療法を続けられ、症状が取れ普通の生活が取り戻せることを祈っています。

 ひきつづきご報告を頂き、この特発性血小板減少性紫斑病のような特殊な疾患についてもオルゴール療法の効果を見て行きたいと思います。
  
「今日、父が病院へ行って血液の中の血小板の数を調べてもらったら数値が16万になっていました。凄いです、この数値は正常値内です。ありがとうございます。
 
「父の血小板の数値はここの所ずっと正常値の15万を維持していたのも凄いことですが、昨日調べたら、19万もあったそうです。信じがたいことです。毎日オルゴールをずっと聴き続けていることと、オルゴールがあるから不安な気持ちがおこらないことがこのような結果に繋がったと思います」 眞嶋雅子さん 兵庫県 女性

カテゴリ:血液  タグ: