脳梗塞から視床痛 オルゴール療法

脳梗塞からの視床痛を改善

 視床痛をオルゴール療法で快方へ


「平成4年の夏、右半身の強烈なしびれと脱力感から台所で倒れました。意識が遠くなりながら未知の世界に一人で行く 思いでした。脳障害を起こしましたが、比較的軽い方でしたから、リハビリで立ち直ったのです。退院して2カ月後、 医師から視床痛の診断を受けたときは、医師も絶望的な表情をされました。

右半身に激痛が走り、鎮痛剤も効かず、それが持続 しました。痙攣が起こり意識が無くなる、苦痛に耐えることは死よりも辛いと思いました。集中治療室に何度も入りながら、 そして幾度も臨終を迎えながら翌年には自力で立てる程になりました。驚いたことに箸が握れ自分で食事が出来るまでに なりました。

 秋の深まる中で、近くのオルゴールコンサートに友人に連れられて行きました。まだまともに歩けない程でしたが懸命に 歩きました。歩けることがとても嬉しいと感じました。オルゴールコンサートは、お話しを交えてオルゴールの演奏を聴く ものでした。右半身はまるで砂が水を吸うように夢中で聴いていました。身体のすみずみまで入るような音の世界がありま した。

音楽など歌謡曲しか知らない私には、オルゴールコンサートは驚くほどきれいな世界でした。神聖さに触れる思いで 涙が止まりません。人を癒すのはこんな涙だと知りました。心と身体は別々に癒されるものでないことを知らされました。 オルゴールが、私の壊れ掛けた心を救ってくれました。コンサートに何度も通う内に、確かにオルゴール療法をさせてもらっている と実感しました。

オルゴールの持つ響きが脳の奥に届きとても気持ちが良いのです。身体がどんどん回復していくのを感じま した。痛みが取れるのがどれほど有りがたいことか、痛みで苦しんでいる方がどれほど沢山いらっしゃるか、もっとこの 療法が広がれば良いのにと思いました。重い病気に掛かったお陰で、音の世界の存在が解り、オルゴールの力を知りました.」 30代の女性の方からのお手紙とお話から抜粋しました。ある国際生命情報学会のドクターのご紹介により医学会で患者の立場から 「脳梗塞から視床痛を軽減して」とオルゴールの優れた効果を発表されました。

● 視床痛 闘病記「脳梗塞から視床痛を引き起こして・音の世界に」女性の手記

視床痛に対するコメント:

痛みが取れていくのは音楽を聞くと脳内ホルモンの一種で脳内モルヒネと呼ばれる物質が出て、痛みを 押さえていると思われます。オルゴール療法の良い面の副作用だと思います。肺ガン末期の方がオルゴール療法中に痛みが 取れていくのはどうしてか?と尋ねられましたが、正にこの同じ作用でしょう。この面だけでも大いにお役に立ちましょう。 響きの強いオルゴールを頬から顎や頭部に直接密着させて出来るだけ多くの時間聴くと効果が強いようです。

− 優れたオルゴール療法 −

オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す優れた健康法です。脳を正 すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒し て行く療法です。疾患を対処的に治すのではないのです。それは大変重要な意味を 持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常 から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、 免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。これが病気です。

現代医療では、 それを治す為に一つ一つに処方されます。薬や手術の功罪があって、副作用に苦し み、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。 オルゴール療法は脳が正しくなれば、身体は良くなるという原理に基づ いています。ここに上げる500を超える症例の全てに優れた効果をもたらし ていることを観て、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。

1病名毎では治癒例は少ないですが、殆どの方が4つ、5つの疾患から解放され ている事実を見て下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解 されて後、全体をご覧になって下さい。その効果の大きさに、オルゴール療法の 力をお感じになれるでしょう。そして本来身体に備わっている 自然の治癒力のすごい力も大切であることを理解して下さい。

ご自分にも当てはまると思っ て下さい。気がつかない病気までも良くしていく素晴らしいオルゴール療法がこの世に 生まれたことを喜んで下さい。感動の記録もお読みになって参考になさって下さい。 勇気を出して取り組まれることを希望しています。 参考 ● 複合疾患を改善した感動の記録

○ 健康月刊雑誌「はつらつ元気・7月号」にオルゴール療法紹介
「耳鳴りやめまいが次々に治るオルゴール療法」として6ページで特別レポートされました。 体験談として「耳鳴りや偏頭痛の解消、肩と首のこり改善、動悸とめまいが解消」 など高血圧や糖尿病、リュウマチの改善されている現状が記事になっています。  2004/6月2日発売、芸分社、124ページに掲載

○ テレビ放映 「からだ元気科」 日本医師会後援 製作・日本テレビ
5月27日(金)11時〜11時25分 全国放送  日本テレビ 「からだ元気科」 日本医師会後援   毎週テーマを1つ取りあげ専門医の解説を加え  その予防・治療を紹介する医療専門の番組です。
 今回は「頭痛」の原因とされる「ストレス」の対処改善法の一つとして当療法が取りあげられました。

○ 大阪府医師会報掲載 「Vol.322平成14年9月号」 
大阪府医師会報にご掲載頂きました。オルゴール療法の概略と橋本病、鬱病、筋無力症、関節リウマチ、 口内炎など5つの症例を上げました。涌井耳鼻咽喉科の院長先生は「通常では有効な治療法が確立 されていない、難病やそれに類する症例に対しても確実な臨床的成果を上げられつつあります。ストレス時代に おいて、ますます需要を増大させている心身医学における 無視できない手法のひとつとして今後の発展が期待されます」とご紹介を頂きました。

視床痛への考察

低・高周波が脳幹を刺激することで、神経の中枢が正常になろうとして、神経伝達物質アセチルコリンなどを 良く排出することからも、より脳の血管を柔らかくすることが分かります。オルゴール療法で高血圧を高率で下げている ことからも実証されます。又交感神経の大きな刺激は心肺機能を高めて血液の循環を良くして、体内の老廃物を早く外に 排泄します。手足が温かくなり、多く汗をかくことでも解ります。脳の血行を良くすることで脳細胞が活性化していくことが 考えられます。

視床痛への方向付け

第1番目にに先ず自律神経失調を正常にします。
第2番目に交感神経を優位にして循環器系を活発にして老廃物を排泄、血液をさらさらにします。
第3番目に副交感神経の優位ですが、酸素や栄養を運ぶ赤血球は形が大きく地球を2周も廻る程の末梢血管にまで届かず、 その為に血管を柔らかくする必要があります。副交感神経優位から真のリラクセーションを起こして血行を良くします。
第3番目にホルモンの分泌を正しくして心身のバランスを取ります。
第4番目に人間が本来持っている心身を正しくする、即ち脳幹が正常になろうとする力、自然の治癒力を引き出します。

視床痛に対するオルゴール療法の効果

強い響きのオルゴールを聴くことで先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発にします。
心肺機能を高め酸素と栄養を全身に運びます。この時点では血圧は一時的に上がります。
リラクセーションから副交感神経の優位を導きます。末梢神経から血液中にアセチルコリン という化学物質が流れ血管の壁を柔らかくし赤血球を末梢血管にまで運びます。 この時点で血液の流れが良くなり、血圧は確実に下がります。
真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にし、血管の細胞を新しくします。

オルゴール療法の特性

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は 恒常的な心身をつくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、根本の療法と 云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。副作用の ない自然療法です。ご参考になさって下さい。  ● アルツハイマー型痴呆症へ  ● 脳挫傷へ


オルゴール療法の取り組み方

■ 冊子「オルゴール療法原理と実践」を当研究所にご注文・購入出来ます。

療法が詳しく記載されています。原理をお知りになれば、オルゴール療法をより効果的に実践され、 視床痛の改善に無駄がなくなります。ホームページより更に詳しく書かれています。   療法冊子「オルゴール療法の原理と実践」療法に使用される曲のCD付 3,300円   ●オルゴール療法の本

■ 次にメールで視床痛の症状を研究所まで送って下さい。

『オルゴールで視床痛が治るの?』と不安を お持ちでしょう。お信じになれないのは無理もありません。 当研究所へお尋ねになると、疑問や不安を軽くすることに役立ちます。研究所から簡単な 視床痛改善の取り組みへのご返事をします。又お電話で研究所に相談下さい。

■ このホームページのオルゴール療法のQ&Aを読んでみましょう。

オルゴール療法への疑問を解いて、低周波や高周波と脳幹の関係や脳梗塞や視床痛と オルゴール療法のことをもっと深く理解しましょう。 ●よくあるご質問

■ オルゴール療法会員にご入会下さい。<療法会員の特典>

1:電話やメールで視床痛への療法の指導が受けられます。
2:オルゴール療法の実践に会費半額で参加出来ます。
3:オルゴール療法特別会員の年会費は 10,500円です。

■ 療法会員になり電話やメールで視床痛についてのご相談下さい。

研究所からアドバイスします。又遠隔地の方も、ご自宅でオルゴール療法をなさって下さい。 療法の方法を詳しくご指導致します。

■ 大阪・梅田の「オルゴール療法の実践」に参加、首都圏は
   横浜・元町に連絡しましょう。

「オルゴール療法の実践」に3日間続けてお通いになることを、お勧め します。続けて受療されると、ご自身で好転反応を確認出来ましょう。遠い方も一度は体験され、 原理を習得されてのちに、ご自宅で視床痛の激痛解消に療法を実践しましょう。効果的な オルゴール療法の方法をお教えします。

■ 個別相談・療法のお奨め 

初めにオルゴール療法の個別相談・療法に参加して下さい。脳梗塞から視床痛改善には もっと効果的な聞き方が必要です。それをご理解されるために、初めに個別相談と療法を 受けられてから午前の療法に参加しましょう。個別に効果を実感して頂きます。お付添いの方の ご同伴可能ですので、お気軽にお尋ねください。 月曜日を除く(祝祭日開館)毎日の午後2時と4時から各1時間半、お一人5,000円 お付添いは無料。 ※お早めにご予約下さい。
●療法の開催スケジュール

■ オルゴール個別療法もグループ療法も予約が必要です。

月曜を除く(祝祭日開館) 毎日午前10時30分から12時までの1時間半、グループ療法を実践 します。当日広い目で厚手のタオルをご持参下さい。

○大阪梅田のオルゴール療法に参加 地図:行き方
○横浜元町のスケジュール
  ○横浜元町の地図

■ スイス製のオルゴールと専用の共鳴箱の購入方法

当研究所がお奨めするスイスオルゴールは、スイスに特注され、当調整室にて、 療法用に再調整されるものです。更に専用の共鳴箱を使用することで響き(デシベル) を強くして効果を上げています。 高価にお感じになるでしょうが、多くの症例で証明されるようにとても効果のある療法です。
 むくみを解消したひと、不眠症を治された方、高血圧を下げた方、12もの疾患から解放された方々が、 『オルゴールを手に入れて良かった。オルゴールは凄い。一生お付き合いします』と述懐されています。      参照 ● 療法にお勧めのオルゴール

■ オルゴールをいつも身近に置いて下さい。視床痛で苦しいときも、胃の痛む時も、 風邪の予防にも、自律神経が異常になりかかったら、オルゴールを枕にして聴きましょう。い くら聴いても、効き過ぎることはありません。悪い副作用もリバウンドもありません。美しい 音色と響きで視床痛を改善され、真の健康を身に付けましょう。

■ 更に視床痛の解消・改善には効果の強いオルゴールをお勧めします

アンティークのシリンダー型のオルゴールや現代最高の響きと音色を持つ ポーター社のディスクオルゴールをお勧めします。
 オルゴール療法を実践するヒーリングルームで使用するように、大型のアンティークの オルゴールの音の強さで交感神経を強く刺激して大きな効果を上げています。 オルゴール療法研究所にお尋ね下さい。

■ それでは、症状を研究所に送ってみましょう。
お名前とご住所、電話番号をお忘れなく! お急ぎでしたら 電話をしましょう!
●お問い合せフォームへ
●オルゴール療法研究所 大阪市北区梅田1ー1ー3 大阪駅前第3ビル21階 電  話:06−6342−0015 FAX:06−6342−5757
IP電話:050−3386−5291 (OCNドットフォン) 無料接続プロバイダ一覧 

TOPへ | 療法の原理   | 症  例 | 療法の実践  | よくあるご質問Q&A
このページのトップへ
Copyright (C) 1996-2002. All right reserved
 
オルゴール療法
musicbox.jp

オルゴール療法の原理

●オルゴールと病気
●オルゴールが
  脳波に及ぼす影響

●優れたオルゴール療法
●オルゴールの音楽療法
●協力研究・臨床機関
●オルゴール療法の本

オルゴール療法の実践

●共鳴箱の効果
●専用ホールでの療法
●ヒーリングコンサート
●療法にお勧めのオルゴール
●療法にお勧めの曲
●共鳴箱と木の枕

療法実践 大阪・横浜

●療法実践 大阪・梅田
電話:06-6342-0015 
●療法実践 横浜・元町
電話:045-663-1527

症    例

●風邪予防
●高血圧
●低血圧
●冷え症
●血行不良
●レイノー病・症候群
●下肢静脈瘤
●介護疲労・看護疲労
●慢性疲労症候群
●狭心症・心筋梗塞
●心不全へ提言
●食欲不振 食欲減退
●過食症・拒食症
●神経性胃炎
●慢性胃炎・腸炎
●慢性便秘・下痢
●胃潰瘍・十二指腸潰瘍
●術後の腸管癒着の腹痛
●頭痛・偏頭痛
●パーキンソン病
●自律神経失調症
●顔面痙攣・神経麻痺
●三叉神経痛
●脳卒中/脳梗塞
●言語障害・脳血管障害
●脳挫傷
●脳梗塞から視床痛
●アルツハイマー病
●認知症
●重症筋無力症状
●座骨神経痛
●不眠症
●鬱うつ
●パニック障害
●電磁波過敏症・症候群
●シックハウス症候群
●不安神経症・症候群
●強迫性障害
●PTSD・心的外傷後
      ストレス障害

●過食症・拒食症
●登校拒否・不登校
●肥満・肥満症
●糖尿病
●痛風 痛風発作
●甲状腺・橋本病
●甲状腺・バセドウ病
●喘息・気管支喘息
●食物アレルギー
●アトピー性皮膚炎
●アレルギー性結膜炎
●口角炎
●口内炎
●ドライマウス口腔乾燥症
●関節リウマチ
●シェーグレン症候群
●帯状疱疹 後神経痛
●発疹 慢性湿疹
●肌荒れ
●乾燥肌
●円形脱毛症
●腰痛症
●椎間板ヘルニア
●膝関節症
●骨盤矯正・脚矯正
●ぎっくり腰・急性腰痛症
●首・肩のコリ 50肩
●上腕骨骨折痛
●外反母趾
●術後手指の神経回復
●交通事故の後遺症
●尿路結石 腎結石
●更年期障害
●緑内障・白内障・飛蚊症
●視力回復・近視・遠視
●耳鳴り・難聴
●めまい・メニエール病
●アレルギー性鼻炎
●扁桃肥大・アデノイド
●花粉症
●慢性副鼻腔炎
●甲状腺がん
●乳がん
●複数の疾患を解消した
     感動の記録

胎児・乳幼児の健康法

●胎児の健康法
●赤ちゃんの夜泣き
●タッチケア・スキンシップ
●産褥に大切な健康法
●産後のうつ症状
●小児アトピー性皮膚炎
●小児喘息
●自閉症

美容と健康

美容と健康

よくあるご質問 Q&A

●オルゴールへのご質問
●症状へのご質問

いろいろな 改善 症例 分類   (2カラム)    オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺

循環器・心臓

消化器

脳・脊髄・神経

心・身 環境

心・身 環境 2

血 液

ホルモン・代謝

アレルギー 免疫

運動器・外傷

運動器・外傷 2

皮 膚

泌尿器

目・耳・鼻

口腔・のど・歯あご

胎児・乳・幼児

女性 美容と健康

が ん

複合疾患 改善

Copy Right (C)日本オルゴール療法研究所 1991 . All Rights reserved.