赤ちゃんシリーズ(3)乳幼児の発育に脳からの“ひびき”!

お腹の赤ちゃん・胎児にはCDなどデジタルの音は一切届いていません。生の美しいオルゴーを聴かせましょう。

 

赤ちゃんシリーズ(3)乳幼児の発育に脳からの“ひびき”!

 乳幼児発育“ひびき”

 子どもの成長期、すなわち受胎から出産と、乳・幼児期の養育と成長期の健康に“ひびき”の大切さを前項で主張させて頂きました。自然界の“ひびき”の減少を補うオルゴールによる健康法は、最も安全な出産であり、赤ちゃんの健康法なのです。

 それは自然界の生の“ひびき”の提供は、副作用がなく、安全で、受精から妊娠出産と、分娩までは40周です。その間、“ひびき”が常に母胎を通じて赤ちゃんに提供されるとしたらどうでしょうか。

 都会の“ひびき”は熱帯雨林の豊富な“ひびき”に比べて100分の1にまで減少しています。本来あるはずの自然界の“ひびき”が不足しています。そのために、発育に影響して、さまざまな障害を生む素地になっていると考えられます。

 常に“ひびき”の空間で育児が行われること、できれば、外出時にもオルゴールをカンガルーのベッドやベビーカーの中で鳴らし、“ひびき”を取り入れることをお奨めします。それほど、“ひびき”は胎児にとって、正常な健康つくりに大切な要素だと申し上げたいのです。

 脳が十分に育っていて、この時期に脳は驚くほどのスピードで成育します。生命中枢の脳も大脳も小脳も脳の全てが健全に育つことが必要なのです。

 オルゴール療法研究所は、お母さんのおなかの中で、胎児がオルゴールを置く方に向かって動くことを確かめました。おなかの右側にオルゴールを置くと胎児は右に動き、左側に置くと左に胎児が動くのです。脳が“ひびき”を求めていることが判りました。

 この多くの例は、胎児がオルゴールの“ひびき”の方へ向かう傾向があることを示しています。そこで、妊娠4ヶ月までは胸の上で聴くこと、そして5ヶ月を過ぎると逆子を防ぐためにも、骨盤にオルゴールを置くことをお奨めしています。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。