胎児・乳幼児に“ひびき”を!(25)なかなか出て来ない胎児に助産師は「この子は何かを待っている」!

 

なかなか出ない胎児助産師は、この子何かっているのかも

 

 胎教に良いと教わり、オルゴールを聞き始めました。月日が満ちて、愈々産院に入院しました。当日、分娩室に入り、愈々かと緊張しました。先生も助産師さんも今か今と待ちましたが、赤ちゃんは、なかなか

大阪大学産業科学研究所測定、日本オルゴール療法研究所では、3.75~20万㌹が測定された

降りて来ませんでした。

 あまり、長くかかり、先生も心配してくれましたが、それでも降りてきませんでした。その時、付き添いの助産師さんが「この子は何かを待っているのかな?」とつぶやかれたのです。

 それで私は、思いつき、すぐに、入院にお部屋にオルゴールを置いていることを思い出し、看護師さんに取って来てもらいました。

 オルゴールを身体の下の方へ置いた途端に始まったのです。時間も短く、超安産でした。オルゴールに感謝しています。  30才代 女性 福岡市

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。