”花粉症の治し方” アトピー性皮膚炎。気管支ぜん息。アレルギー性鼻炎。食物,薬物,金属アレルギー。アナフィラキシー 【基】 

 この季節になると花粉症で多くの方が困っておられます。さまざまの薬を使っても、食物を替えても、環境を変えても、なかなか良くならなくて何かいいものがないかと探しておられましょう。

 アレルギー体質は遺伝性のものもありますが、ほとんどが悪い環境からおこるのです。

本来は生体を守るはずの抗体が逆に自分を責める形の身体になっています。これをいくら薬を使っても、限界があります。

 ではどうしたらいいのでしょうか?

 先ず、アレルギー体質を元に戻すという考え方に変えることが必要です。全ての心身の異常を解き健康を取り戻すには、脳の機能を正常にする、脳のコントロール力を取り戻す、ということは、自然免疫力を取り戻すことなのです。

 それには、全身をコントロールしている脳、生命中枢の脳といわれている脳幹、視床下部を元気にするといいのです。簡単なことなのです。

 それには、生命中枢脳が元気になるひびきを取り込むことです。オルゴールの持っている超高周波から超低周波に至までの、自然界にあるのと同じ”ひびき”を与えることで、生命中枢脳の血流回復をし、全身の機能回復を起こせば、自然と症状が取れてゆきます。

 アトピー性皮膚炎や気管支ぜん息やアレルギー性鼻炎や食物、薬物、金属アレルギー、などの心身の異常は、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月でで症状が消え、1年、1年半で完治、ほとんどの方が2年を超えるものがない!

 オルゴール療法では、現在までで、改善までに、2年を超えたものはない状況なのです。それでは、自然界のひびきを持っているものならなんでもいいのですか? 

 と疑問を持たれるでしょう。 さまざまな音の機器が世に出ていますが、オルゴールの良さは、「箱の中から、生の音で、音楽を、自動で、繰り返して、段々遅くなって、止まる」性格を持っています。

 オルゴール療法では、自動で15分、60分、3時間、6時間、12時間持続して演奏するオルゴールがあるのです。代わりに

強いひびきのオルゴールを使うと改善が早いのです。強いひびきが持続することは、ひびきの量が多く脳に入ることになるのです。それが心身の異常を解くことには必要です。少しばかり、オルゴールを聴いて、力の弱いものだと、脳の自然治癒力を取り戻すのに、時間が掛かり過ぎます。

 その結果、治らないという結果を招きます。

 オルゴール療法では、3段階が必要です。

    ①薬を辞めて薬害がからだから消える期間。

    ②ひびきが”こころ”と”からだ”を正常にする期間。

    ③抵抗力、自然免疫力がつく期間。

 この3段階が必要だと思っています。ご自分で判断せず、継続は力!ひびきの量と時間!

大切なことは、「オルゴール」と「聴き方」と「サポート」です。

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。