オルゴール療法で甲状腺機能低下症が治ったむくみも取れて10 kg 痩せた

付録の CD で感銘を受けた
  今思えば、私は20代で、すでに体調を崩していたと思います。同年代の知人と比べて、疲れがひどいと感じることがよくありました。33歳の頃、その疲労感は、さらに深刻なものになりました。洗濯物をハンガーにかけるといったちょっとした動作で疲れ、一旦休まなければ次に取り掛かれませんでした。食欲は落ち、それなのに体重は10 kg 近く増加。「あまり食べないのにおかしいね、と夫 からも不思議がられました。
 
 特に、太ったなと感じたのが首でした。鎖骨下程の長さだったネックレスがチョーカーのように冬にぴったり張り付いた時には、さすがにびっくりしました。しかし自分では怠け癖がついてて首が動かないから太ったと思い込んでいたのです。
 
 30代後半からは耳鳴りやめまいに悩まされるようになりました。そんな時「オルゴール療法で耳鳴りが改善」という記事が載った2011年の「安心9月号」を見つけたのです。私は、付録の CD を澄んだ音色に感銘を受け、本物のスイスオルゴールを買おうと決心、日本オルゴール療法研究所に足を運んだのは2012年1月のことでした。
 
 本ものオルゴールの音はやはり素晴らしいものでした。横たわってオルゴールを聴いた後には、顔が上気して赤くなり、帰宅後もこれまでにないほど 眠れました。この時、私の症状について研究所のセラピストに相談したところ、「甲状腺の病気では?」と指摘されました。
 
 そして後日、病院で血液検査を受けてみたらやはり甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの血中濃度が低下して新陳代謝が悪くなる病気)であることが判明したのです。疲労感や体重増加は病気のせいだったのかとやっと腑に落ちました。
 
 そして2012年3月待ちに待ったカノンのオルゴールが自宅に届きました。私は朝昼晩と時間を見つけてはオルゴールを聴き続けました。まず冷え性便秘が改善していきました。気が付くとめまい耳鳴りの症状もなくなっていました。疲労感もなくなり体が楽に動かせます。久しく忘れていた感覚でした。
 
 同年5月10日、病院を再受診すると主治医から「甲状腺の腫れが引いていますね、血液検査をする必要はないでしょう」と言われました。首は、この時点で以前の細さに戻っていました。その後私はスポーツクラブに通えるほど元気になり、病気で増えた体重10 kg を落とすことに成功しました。オルゴールに出会えて本当に良かったと思います。おかげで豊かな人生を取り戻せました。主婦 39歳有村美加

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。