ブログ

オルゴール療法 レポート No.3  M.O.さん No.1~6

それから、テキストに本が入っていることを知らなかったので、佐伯先生の本を自分で購入し、読ませていただきました。
読み進めるうちにどんどんオルゴールの魅力、効果をさらに深く感じる事が出来ました。清里で聞いた時は、療法用のオルゴールではありませんでしたが、私の脳に刺激が届いて涙が出たのだろう、と実感として感じました。
オルゴールの効果は目に見えない部分が多いと思いましたが、超低周波と超高周波が脳に直接届くことで、自律神経のバランスを整えて様々な症状が回復するという、具体的にわかりやすく説明されていたので、オルゴールに知識は全くなかったのですが、とても興味深く読ませていただきました。
そして、養成講座への申し込みの後、テキストや症例集も読ませていただいて、その時までは腰痛や骨の痛みがどうしてオルゴールで治るのか不思議でしたが、自律神経のバランスが取れることで筋肉が強くなって骨も正常な状態になる、というようなところを読んで、とっても納得しました。
これは凄いと思ったのも、この症例集が筋の通った身体のしくみがしっかり説明されていたからこそだと思いました。
それからは、養成講座へ参加させていただけることが楽しみで、毎日心待ちにしていました。自分の興味のあること、好きなことをすることがこんなにワクワクしてそれまでの時間すらも楽しく過ごせるのだということを改めて実感した日々でした。
待ちに待ったオルゴールセラピスト養成講座へ参加させていただき、3日間でたくさんの知識や実体験を学ばせていただきました。
まず、一番心に残ったのは、佐伯先生やほかのスタッフの方、受講生の方もオルゴールに対する意識の高い方たちが、オルゴールを本当に大切に思っていらっしゃり、ご自分の体験も含めたくさんの方にオルゴールの効果を広めていきたい。という意識の高さと信念、たくさんの知識と一流のオルゴールを提供されているところに感銘を受けました。
こちらの講座を受けさせていただき、オルゴールが一流のものであること、そして意識も高く一流の療法を提供していらっしゃることが伝わってきて、私もぜひ北海道の方にもこの一流のオルゴール療法を広めたいと思いました。
この意識の高さは、私はとても意味のある重要なことだと思います。自分が高い位置にいるのではなく、押し付けるのでもない、揺るぎない自信を持って提供することは、クライアントさんを本当の意味で大切に考えていることであると思っています。
今回講座に参加させていただき、まず感じたことがこの意識の高さでした。そして、佐伯先生が私に「心理士とオルゴール療法は、とても素晴らしいですね。ぜひやってください」とおっしゃった言葉もとても嬉しかったです。
自分だけが良くなればよい、というのではなく、多くの方へ届けたいというお気持ちが感じられ、温かい気持ちになりました。
他には、実践としてのロールプレイや症例の事例、オルゴール療法の基本的な知識、オルゴールの仕組みなど、どれも私にとってはとても興味深く学ばせていただきました。
超低周波と超高周波が脳に効果がある、というだけではなく、倍音の効果や美しさ、振動を体に感じる事もオルゴール療法の効果であるということを、実際にオルゴールを聞かせていただいたことと、音の美しさを追求されていることを学ぶことができたことで、本だけではわからなかった知識がさらに深まったように感じます。
日常にはたくさんの可聴音以外の音があって、無意識に私たちは様々な音にさらされて生きているけれど、嫌な音は自然に耳に入らないようになることや、美しいと感じる感性が情緒を深めること、そこにオルゴール療法の効果があり、音楽の素晴らしさがあることも、とても素晴らしいお考えだと思いました。
オルゴールのどんなところが素晴らしいのか、効果が高いのかが、全体的にこのような美しさを大切にして優しさを感じるからこその魅力の一つでもあると思います。
もちろん、まだまだ学びたいことがたくさんあります。3日間ではわからないことがたくさんあることも実感しました。
その上で佐伯先生が、これで全てがわかるわけがないのだから、すぐにわからなくても良いこと、今回の講座で感性を磨くという器を提供している、とおっしゃって下さったことも、とても安心感がありました。  ー④へつづくー オルゴール療法 2012.4.27