ブログ

ちょっとマスクのこと

 『10日前に赤ちゃんが生まれました。41歳の高齢出産だったのですが、出産前からオルゴールを沢山聴いたせいでしょうか?痛みもほとんどなく、3,300グラムの大きな子が生まれました』とお聞きしました。私達の知らないところでオルゴールがお役に立っていることをとても喜びました。
 マンションの33階でしたから、エレベーターに乗りました。荷物がありましたので、長男と2人で上がり、写真など撮影して用事も済みましたので、又帰りのエレベーターに乗りました。お母さんと私達2人と3人ともマスクをして乗り込んだのです。エレベーターの中におられた別ご婦人が、私達の姿にギョッとして『何かあったのですか?』と不思議そうに言われたのです。『この方に赤ちゃんが生まれたのでお見舞いにきました。菌を持ち込んでいけないのでマスクを・・・』とお答えしました。
 『3人ともマスクをしておられるので何か重大なことがあったのかと思いました』それで解りました。新型ウイルスの風邪がこのマンションで発生して、その為に専門の人が来て処理をしているように見られたのです。年始めのウイルス騒動の時は、関西では確か90%を超える方がマスクをしましたよね。そのときは、マスクをしないほうがおかしいくらいでした。そのときより、はるかに多く発症しているのにマスクをすることが、何か異常に見られていることに驚きました。
 マスクの効用が言われる中で、つけかたによっては、90%も菌を通過させると報道されたり、あまり大騒ぎするのは、かえって恐怖心を増すからとか、格好がわるいとか、いろいろ理由があるでしょうが、身体の抵抗力を弱めている方は是非、電車に乗る時くらいはマスクをして頂きたいと思いました。普通の健康な方でもマスクがごく普通に見られるようになれば、このエレベーターの中の方のように恐怖心をお感じになることもないし、その他の方も他人の目を異常に意識しないで付けられるようになるでしょう。予防のためにマスクをする方もいるということを知ってもらいたいのです。
 マスクと手洗いの励行は、健康をまもるための基本であると言えましょう。またエレベーターのボタンやドアのノブやつり革など手の平や人差し指で触れないように、又触れたらその指を口に持って行かないように気をつけて頂きたいのです。私も1日に何回指を口に持ってゆくか数えて見ました。今年の春に1日60数回を数えました。驚きですね。それ以来エレベータ-のボタンは指の背で押すようにしています。工夫次第で菌を口に入れないように出来る方法がありますから探してみましょう。
 抵抗力を得る為に前回に書きましたように、自然の森や滝やオーケストラやオルゴールにある生の響きの超高周波と超低周波が有効であるとお勧めしました。予防注射だけが頼りではなく、私達の廻りで出来ることがまだまだあるように思います。電車の中、人混みの中では、進んでマスクをしませんか?