ブログ

桂離宮朝日ホールのクリスマスコンサート

築地の桂浜離宮朝日ホールのクリスマス・オルゴールコンサートが12月7日に開催されました。
毎年開催していた横浜みなとみらいホールの希望日が取れない為に横浜公演をあきらめて、
横浜から近い桂離宮朝日ホールにお願いして、第1回の東京公演が決まりました。
横浜でのクリスマスコンサートを楽しみしておられた方々に申し訳ないことになり、来年は早々に
12月6日(木曜日)13時~15時30分に決まりました。
東京に変更したことの予告が遅れたこともあって、心配でしたが、お陰様で500席のホールを
ほぼ満席に出来てホッとしました。
リハーサルからホールの音響の良さを確認していましたが、本番でも驚くほど良くひびきましたね。
オルゴール達もいきいきと良く鳴りました。
ステラの重低音はさすが、確かなひびきをホール全体に届けました。なめらかな音の美しさは格別、
遠くまで届かせる音の浸透性は圧巻でした。最後部で聴きましたが、圧巻でした。
ストリートオルガンに選ばれた”パッヘルベル”もオルガンの良さを充分に活かす名曲でした。
プログラム最後のオーホーリーナイトは、何度聞いてもクリスマスにはなくてはならいと感じました。
感動しました。
オルゴール療法オルゴールセラピー


桂離宮朝日ホールのクリスマス・オルゴールコンサート2011が開催されました。毎年開催していた横浜のみなとみらいホールの希望日が取れなくて、横浜から近い桂離宮朝日ホールにお願いして、東京公演がきまりました。
横浜でのクリスマスコンサートを楽しみにされていた方に申し訳ないとおもいました。
東京に変更したことの予告が遅れたこともあって心配でしたが、お陰さまで5百席のホールをほぼ満席に出来てホッとしました。
ホールの響きは良く、オルゴールたちも良く鳴りましたね。
ステラの重低音、滑らかな美しさは圧巻でした。ストリートオルガンの“パッヘルベル
”もよかったですが、”オーホーリナイト”はやはり、感動でした。
米国ライナス・ポーリング記念財団からアカデミア賞内定のご報告と来年のクリスマスコンサートで記念