ブログ

マキノ出版の健康誌「安心」9月号にオルゴール療法の特報

東京湯島に本社を置くマキノ出版社の健康の月刊誌「安心」にオルゴール療法が取り上げられました。
大きな反響があり編集室では、発売2週間で「ムック版」の出版を決定されたそうで、すぐにご連絡を頂きました。
オルゴール療法を世に出して10年になろうとしていますが、その間、改善症例を数多く出現することに努力し、
現在で5000症例を挙げることが出来ました。
一区切り出来たと思っている矢先、「安心」の読者層の目に触れる機会が出来て大変喜んでいます。
心の異常も身体の疾患も、私達が自然の恵みから大きくかけ離れた環境から起こり、それを環境病と名付けられています。
その環境を害するものの一つにひびきの不足がありそれを取り戻す手法としてオルゴール療法が生まれました。
冷えや、不眠や痛みなど多くの症状を始め、難病指定されている一つに特発性血小板減少性紫斑病があります。
その改善の検証が国際的な医学博士による検証でほぼ間違いないのではないか?という段階まで来ました。根幹療法として多くの疾患に何らかの改善が見られるという画期的な療法として今後大きな貢献が期待されています。
オルゴール療法・オルゴールセラピー