ブログ

9月大阪のオルゴールセラピスト認定講座

9月に大阪梅田で開講されたオルゴールセラピストの認定講座が終わりました。お疲れ様でした。
今回は6名の参加でした。それぞれお持ちの個性が際だって、私自身が勉強させられる講座になりました。
大阪の四条畷からお越しの“K”さんは、元気はつらつでした。何か吹っ切れた人生を歩んでおられるご様子で、ご自身の人生を確かめて進んでおられました。ご自分のアピールも大変上手でした。
大阪の住吉の“U”さんは、勢いのある方で圧倒されました。23日の天王寺区で開催された「オルゴールセラピー&体験会」に参加されて5日後の28日から認定講座を受けられました。思い切りの良いのに感心しました。
この方は、ご自分で症状を持たないことが他の方達と違いセラピストとして不足だと思われていましたが、体験が進むにつれてお身体の変化を感じられ驚いておられました。初めての体験はいつまでもこの方の力になることでしょう。
京都から参加された“T”さんは、質問好きで何にでも疑問を持っておられました。とんでもない質問だと思えるものもよく考えて見ると、これこそが科学的な追求ではないかと思ってしまうほどに突拍子もない質問もありました。
広島の呉から参加された“K”さんご夫妻は、ご主人が脳梗塞の後遺症を発症され、それがオルゴール療法との出会いでした。広島の「セラピー&体験会」でお手伝いされ、この度認定講座に参加されました。
福岡から参加された“S”さんは、ご自分の症状を改善するために以前からオルゴール療法に取り組まれていました。社会復帰がご希望でまじめにオルゴールセラピーに取り組まれている姿に
毎回の認定講座で思うことですが、参加される方にお合いして、さまざまの人生をわずかばかり接することで、大きな影響を受けます。私自身を照らして見て、足りないことを思い知らされ勉強になります。
さまざまの生まれがあり、経験され、考え方に出会って、この方達の力が将来大きなオルゴールセラピーの財産になるのだと思い頼もしくも有り難い気持ちになります。
オルゴール療法に出会い、グループの一員となり、同じ道を歩むことになるのですから、ファミリーのようなグループ意識が生まれるの自然の成り行きでしょう。3日間の共に学んだことで親近感が生まれお帰りの頃にはお互いの連絡先を確かめ合っている姿に感動を覚えます。
大きな輪になり、沢山の方を救う為にそれぞれの方のご経験が力になるのですから、この連絡網は大切な支えになることでしょう。正しいセラピストになって頂きたいと思います。