ブログ

冷え性改善

冷え性 解消
 TVの健康番組で冷え性が取り上げられていました。
骨盤が交換神経を圧迫したり、免疫細胞機能低下が知らず知らずのあいだに落ち込んで体温異常を起こし、いつのまにか病気になる。

 冷え性は交感神経の異常から起こるとされています。自覚症状ですが、実は、隠れ冷え性があり、患者が感じてるのは冷え性の正確な確定ではないことなど役立つ情報を提供されていました。

四肢末端型や内臓型冷え性など種類もありますが、それを改善する方法として歩くことは血管拡張物質が流れるので有効とし、体操すること、足首を持ってまわすなどの有効性が強調され、足湯やお風呂の入り方など指導されました。

 首が冷えるのは、首の凝りや頚椎の異常が原因で首を10秒横に倒すという対処療法のご指導、二の腕や太ももなど脂肪の多いところが冷えるご質問には、もともと冷えるところにあったまる機能が働いて体温上昇するのだが、その機能が落ちていて冷え性になっていると解説されています。

 ストレッチや足首をまわして、サーモカメラで表面体温が上る効果をモニターでみせて、出演者の驚きの声を誘っていました。

 注意しなければならないのは、短期に改善したことで効果が上がると思ったのは、身体の根本から冷えの改善になっているのではなく、末端の、しかもその場だけの改善に留まっていることです。その為にすぐ冷えの状態に戻ってしまうことです。

 脳の血流を回復し、肺と心臓の機能を回復して神経を正し、ホルモン代謝を良くして総合的に全身の恒常性を戻すことで、深部の体温を回復することが大切なのです。

 それは、栄養酸素が細胞に届き、皮膚細胞をはじめ40種類の臓器を元気にすることで体温を回復する響きの療法は、理想的な冷え性改善なのです。対処療法でその場だけの改善法では根本から冷え性が良くなる事はないと思います。
 オルゴール療法は、自然界の真理から求められた原理で出来た根幹療法です。原理を理解して、本質を見る目を養ってください。