ブログ

明日は胎教博 オルゴールセラピーの新たな分野が広がります

 オルゴールセラピーの新たなフィールドの幕開けです。40年前に長男の胎教にオルゴールがいい、スイス製だと教わって以来、胎教のお話を交えたオルゴールコンサートからオルゴール療法が生まれました。

 スイスオルゴールが10の分野でお役に立つことを提唱して、はじめのフィールドが胎教を中心とした「マタニティのためのオルゴールセラピー」です。

 乳ガンや子宮腺筋症など婦人科の疾患の改善症例や胎内の赤ちゃんが響きの方へ動き、あきらめていた赤ちゃんが双子で誕生、奇跡のセラピーと喜ばれているお話や不育、不妊症の改善例のご紹介です。

 食物や熱帯魚など地球上の全ての生物が響きによって生かされている原理から解いたオルゴールセラピーの新しい小冊子が26日にオルゴール療法研究所から出版されました。32ページの小冊子ながら、奇跡と感動のページです。

 胎教は、その前の段階の「①正しい結婚」から健康な母胎が生まれ、元気な赤ちゃんの出生に「②胎教」につながります。脳の発育は、優れた感性をつくり、「③情緒教育」の分野で心も身体も元気な子供が育つ優れた循環が期待できるのです。更に「④高等教育」「⑤疾患を改善予防」での分野が期待されます。

 「⑥植物」更に「⑦動物」「⑧スポーツ界」「⑨福祉」「⑩緩和ケア」と10の分野でオルゴールセラピーは今後に希望を広げて行きますが、そのはじめの段階が「胎教」です。新しい命の誕生は最も劇的で感動を私達に与えます。

 その、胎教博のスーパープレゼンで原理を学び、さまざまな改善例、ミニコンサートに続いて、72弁を使った実践と体験会、質疑応答と16時から20時までと、4時間のビッグプログラムです。大きく貢献したいと思います。
futagoinSbox maternity-book1