ブログ

おたふく風から難聴になられた方へアドバイス オルゴール療法研所

難聴を改善
お子さんのおたふくかぜが原因でお母さんが難聴になられて、オルゴール療法研究所に来られました。
 

難聴改善へ提言1.
心身は、全て脳がコントロールしています。そのことはよくご存じのことです。自然治癒力が発揮されるのは、生命中枢の脳幹と視床下部です。脳幹は肺と心臓をコントロールし、視床下部は、全神経をコントロールし、臓器40種を監督し、代謝を援けるなど私たちの生命を維持する働きをしています。心身を回復させるには、脳が元気にならなければならないのです。対処療法では、部分的に改善されてもすぐ元に戻るのは良く知られています。
 

オルゴール療法では、自然界のひびきが脳の中枢部の血流を回復して、全身の機能回復しますので、“心身のかずかずの不調が同時に溶ける” 身体のすみずみまでの病気や症状や不定愁訴のようなすべての違和感が取れていくのです。オルゴール療法が根幹療法と言われる所以です。
 
その中に、難聴があり耳鳴りがあり、難病といわれている多くの病気があるのです。心も身体も同時に溶ける世界で初めて日本から初めての療法なのです。
 

難聴を解く為の提言2
オルゴールなら何でもよいというわけににはいかないのです。特に強いひびき、美しいひびき、などですが、この二つの要素が特に大切です。やさしい、気持ちの良い音や音楽では、脳が目覚めないことを知りましょう。聴き方が正しくないといつまでも改善が長引くのはよくありません。
 

難聴を解く為の提言3
心身の不調は環境から90%が起こり、DNAでは、わずか3%と言われています。
その環境の主なものは、放射能、PM2.5、排気ガスなどの空気汚染、電磁波や化学物質、農薬や人工甘味料などなど多くの有害物質、ウイルスや細菌など私たちを取り巻く環境は、いくら心を正しても、気を強く持っても、抵抗することは難しいのです。
 

その悪い環境から出来る限り逃れることを考え実行することです。知識のある方に教わりましょう。オルゴール療法では、これを環境療法として捉えてご指導しています。
 

難聴を解く為の提言4
命を支える大切な要素は5大要素と言われよく知られています。光と水とオゾンと土と食物ですね。地球上のあらゆる生物は、大気圏即ちひびきの存在があり、一秒間にゼロから20万~30万の振動を持つ“ひびき”は生命を支える最も重要な要素と言って良いほど大切なのです。
 

そのひびきが、今や都会では、熱帯雨林のような恵まれた環境から比べると100分の1と少なくなっているのです。生のひびきが食物と同じように、それ以上に大切なのです。スイスのオルゴールに3.75ヘルツ~20万ヘルツの存在が確認されました。脳の中枢部の血流を回復して細胞を元気にして臓器を蘇らせ、難聴でけでなく、体中の不調を解いてください。オルゴール療法がこの世にあって良かったと感謝の気持ちが生まれます。

カテゴリ:ブログ, 症例, 目・耳・鼻  タグ: