運動器・外傷

毎日起こしていた脱臼がオルゴールセラピーで改善

「18年前の平成2年の年末の大掃除のとき、脚立から落ちて左肩を打ち、左足首を複雑骨折しました。それ以来、左の肩がすぐに脱臼するようになりました。事故から起こる亜脱臼だそうです。洗濯物をほしたり、布団を上げる為に腕が肩の線から上がると肩がはずれて肩から脇の下まで痛みが起こります。

 

特に2年前から毎日脱臼を起こすほどになり、その都度接骨医に通うようになりました。接骨医院ではテーピングをして何とか1日を過ごすような日々でした。不用意に手を上げることが出来ませんでしたが、日々の生活では、どうしても避けられない動きです。

犬の散歩のときに腕から肩をひっぱられたり、ピアノのレッスンでは電子ピアノを会場に運んだり、イスを出したりの力仕事もこなしますが、肩に力が入ると脱臼して、それがくせになりました。ドアのノブを廻すと途端に脱臼を起しました。

音楽療法には以前から興味があって、今年の1月の26日にオルゴール療法にじめて参加しました。頭がガーンとするほどに熱くなり、背中が暖かいのです。お腹がすき、はじめての療法でぐっすり寝ました。

翌日肩がとても楽になりましたが、それほど脱臼のことは意識もせず何回か通う内に、少しずつ上まで手が上がっても脱臼しなくなりました。不思議ですが、ここ2週間ほど、接骨医院に通っていないのです。

あれほど毎日通っていた接骨医院の先生が心配されていると思うのです。首のこりは未だですが、肩はすっきりして肩のこりと痛みを感じなくなりました。信じられない気持ちでいます。50歳では50肩にならないで済みましたので70歳で亜脱臼をひきおこすのだと言われておりましたが、亜脱臼の痛みがオルゴールで取れるなんて信じられませんでしょう。

脱臼をすると、医院でテーピングするのですが、皮膚がめくれて痛むのが1回目でピタッと止まったのにも驚きましたが上腕筋の痛みが全くないのが大助かりです。大勢の回復した方々のお話を療法の後で聞いても、他人事と思い、オルゴール療法を信じられないくてレンタルから始めようと思っていましたが、もうすぐに取り組むことにしました。ホントにこのことはオルゴール療法を受けた者でなければ分からないほどの不思議さです。

頭痛やめまいなどいろいろありそれがしょっちゅう起こります、頭痛のときオルゴールを首にくっつけて聴くと5~6分で痛みが取れるのです。こんなことってありますか?未だに信じられないのですが。私にも不思議が起こりました。梅田のデパートを2つも廻って何ともないほど元気を取り戻しています。 2008年1月31日

2月17日、亜脱臼は全く起こっていません。牛乳パックを1個買って腕に抱きかかえただけで脱臼を起こしていたのに全く起こっていません。両手に買い物袋を提げても何ともありません。 2008年2月17日 70歳代女性 大阪府 H.K.さん

カテゴリ:運動器・外傷  タグ:,