目・耳・鼻

慢性の副鼻腔炎と診断され、顔の前がもやもやしていました

「慢性の副鼻腔炎と診断されました。アレルギー性のものだそうです。体温はいつも35度台で自分では冷え症だと思っています。身体が温まることはなくいつも頭痛があり、もやもやとして集中力がありません。

今年の2月から母とオルゴール療法に通いました。療法後に身体が温まり、いつも体温は35度前半なのに療法が終わった時に35.9度でした。療法に通い始めてから1ヵ月が過ぎる頃から身体が温まるせいか深く眠れるようになりました。半年間母と療法に通いました。

この夏、久しぶりに療法に来て気がつきました。副鼻腔炎の症状が全くありません。自宅でいつもオルゴールを聞いているだけですが、慢性の副鼻腔炎が解消して、頭もすっきりしています。アレルギーと聞かされていますので、根底から治す為にオルゴール療法を続けます」 2004/8/7 20歳代女性 A.F.

カテゴリ:目・耳・鼻  タグ: