心・身 環境

抗うつ剤が不要になりオルゴールを聴くのが楽しい

「鬱病を治す目的で3カ月間オルゴール療法をしました。もともとオルゴールが好きで子供コンサートに参加したのが始まりでした。『鬱病にオルゴール療法がいいですよ』と勧められたこともあって、毎日通いました。苦しい1ヶ月間でした。身体はだるくオルゴールを聴くのは好きですが、大阪市内から通うのは大変でした。
 
2カ月がたっていました。午前中に服用していた抗欝剤が不要になり、午後の抗鬱剤をやめたいと医師に相談に行きましたが、やはり不安でした。元にもどったらどうしようとそのことばかり考えました。医師から『自分で薬を飲まなくても良いと感じたら飲まなくてもいいよ』と云われて、ある日思い切ってやめてみました。
 
3日が過ぎても不安でした。勇気を出しましょうと療法研究所からアドバイスされ、1週間が過ぎて気持ちが少し楽になりました。1ヶ月が過ぎたとき初めてああ薬を飲まずに眠れるんだ鬱病が治ったと自信のようなものを感じました。今は薬も飲まずにぐっすり眠れるようになり、オルゴールを聴くのが楽しくなりました。もう2度と鬱病に、あの気持ちに戻りたくないと思います。オルゴールがこの世にあって良かったと思います」    2002/10/5 西田幸子さん

カテゴリ:心・身 環境  タグ: