心・身 環境

うつ病のあせりからパニック障害になりました

「外回りの営業は好きな仕事でした。スポーツが好きで大学時代はハンドボールやバスケットなど部活動も活発にしました。そのせいか、人と会うことは苦にならずむしろ好きなほうでした。10年前に肉親を亡くしてから急に疲れやすくなり、これが倦怠感というのでしょうか、何をするのもおっくうになり、心療内科で鬱病と診断されました。
 
夜11時には床に着いて2時半には目が覚めます。明け方までぐずぐずしていて、やっと眠たくなるという日々が続きました。明け方起きにくいと今日もうま行かないという気分になり、そのせっぱ詰まった気持から、やがてパニック障害を引き起こすようになりました。
 
鬱病が進行してくると、車の中でひとりで過ごすことが多くなり気分がふさぎ、なにもする気が起こりません。何とかしなければならないと思うのですが体が思うようになりませんでした。その内ただじっとして過ごすか、眠っていたいという毎日です。この正月は5日間眠り続けて家族を心配させました。叔母が見かねて1月の初めにオルゴール療法に連れて行ってくれたのです。
 
1ヵ月間自宅でレンタルして頂いたオルゴールを聞き続けました。初めの2週間はオルゴールを聞くのも苦しく、おっくうな日が続きました。ところが最近、鬱病になる前の感じに戻っているのです。寝付きも極端に良くなり、ぐっすり眠れるようになって、朝3時に目が覚めますが、それから朝まで深く寝て6時半に気持ちよく目覚めるようになりました。朝の目覚めが良くなると、頭が軽くなり、以前のように、身体が元気になっています。気持ちも明るくなり、仕事に出るのにも苦にならなくなったのです。以前馬に乗っていて落馬して後頭部を強く打って、それ以来骨がボキボキ鳴っていたのも無くなっています。
 
オルゴールを聞き始めてから、1ヵ月が過ぎ、鬱病が解消しています。オルゴール療法を初めてから、服用していたパキシルもセロトニンも1週間でやめました。日曜日、久しぶりにオルゴール療法を紹介してくれた叔母と療法に参加しました。鬱の症状が解消して元気になったので、今日は友人を連れて来ました。嬉しいです」
2004/2/20  「今普通の生活が出来るようになりました。身内のアトピー性皮膚炎もきっと良くなると思って期待しています」 20歳代女性 神戸市 M.H.

カテゴリ:心・身 環境  タグ:,