心・身 環境

不眠症 臨床応用研究会 症例No.8

 不眠症 70歳代・男性 垳田聖寿さん(仮名)
  
 2015年3月17日 初めてオルゴール療法に参加、寝つきが悪く睡眠導入剤を常用していました。眠れないと不調。寝なきゃ寝なきゃと思いました。 オルゴールの「カノン」はいい曲だなと思いました。自律神経に良いだろうなという予想はあったのです。心地よかったけど、演奏中は眠れず、セラピー中は目をつぶって聞くといいと思って横になっていました。

 初めてのセラピーから帰ったらすごく眠くなった。あまり眠くなったことがない。でも半信半疑でした。いろんな民間療法をしてきて、それなりに効果はあったけど、根本的にはよくなっていませんでした。

 2回目のセラピーの後も眠くなり、帰宅後はやくから眠りにつきました。
 3回目のセラピー中は思考の渦の中に入ってしまったけど、結局たどり着く所はいのちの世界に近づいているのだと思い、音楽の世界といのちの世界は似ていると思いました。

 4回目セラピーでも良く眠れた。澱のように溜まっていた疲れが落ちていくように思う。自宅でも良く眠れました。常用している睡眠導入剤は飲みませんでした。

 2週間後少し眠りがよくなってきている感じ。眠剤はまだ使っています。
始めて1ヶ月後くらいからセラピー中よく眠れるようになる。家では眠くなったりはするが、眠れない時もある。この頃から自宅でも「カノン」を聞くようになる。

 半年くらい経った頃だんだん快調になっている。寝てしまうと朝まで眠れるようになりました。上向きな加減になってきた。少しずつ寝つきがよくなっている気がします。

 1年後体調は良い。身体が軽くなりました。カノンを寝る前に1時間聞いています。オルゴールをかけるとすぐ眠くなって、朝までぐっすり眠れるようになりました。すごく助かっています。いつも夜9時くらいになると眠くなり、眠りのリズムが身についてきたのだと実感しています。 

コメント: 
 体内の複数の不調から不眠症を引き起こしています。オルゴール療法の特性は、対処療法ではなく、あらゆる不調を同時に改善する様子からその顕著な性格が散見されます。

オルゴール―2015年4月9日 アーム/カノンお届け
療法―   2015年3月17日 グループ療法
      グループ週2回位のペース
      現在(2016年頃から)月2回位のペース
      自宅では1時間位 胸の上に置いて横になって聞いている

カテゴリ:心・身 環境, 脳・脊髄・神経  タグ: