脳・脊髄・神経

顔面に帯状疱疹が出て顔面麻痺が起こりました

「顔面神経に帯状疱疹が出て顔面神経麻痺が始まり、2週間検査入院してステロイドと点滴を受けました。昨日まで37度を超える熱が出ています。痛みはないのですが顔の左反面に麻痺が出て、笑うと左反面の神経が引っ張られるせいか、頬が引きつり目が細くなり、頬に大きな窪みが出来ます。

4月から幼稚園が始まりそのストレスのせいで帯状疱疹が出たのではないかと思ってみました。元々アレルギー体質もあり、気管支炎を起こし、喘息は寝しなと朝方に特にひどく、体力を弱めていたのかとも思いました。

昨年の11月にオルゴール療法の個別療法に参加しました。12月からオルゴールのレンタルを受けて1週間自宅で聞きました。驚いたことに、普通にしていたら、ほとんど目立たなくなったのです。特にオルゴールを聞く時は、リラックスするせいか、普通の豊かな顔です。今笑ってもほとんど分からない程になりました。3回の個別療法と10日程の自宅療法で全くと言って良いほど顔面神経麻痺は感じられません。オルゴール療法を家族の誰も真剣に信じていたわけではありませんでしたが、今息子に起こった奇跡のような変化を見て信じざるをえません。 2004/12/19 5才男子 大阪府

カテゴリ:脳・脊髄・神経  タグ:,