口腔・のど・歯あご

顎関節症を解消して他人の顎のようです

「若い時から下顎が少し前に出ていました。仕事から朝、昼に聴けていませんが、朝、家を出るまでは、テレビをかけているときもオルゴールを掛けっ放し、 帰宅してからはオルゴールを聴くようになってから、手や胸がホカホカと温かくなっています。オルゴールを聴くと頭がすっきりします。

家族一緒にオルゴールを聴くようになってから、下顎の交合が正常になって他人の顎のような感じがします。信じられません。歯科医から『もっともっとひどくなりますよ』と言われていました。噛み合わせの良くない前歯では食べられませんでしたから、奥の歯で噛むのが普通で癖になっていました。

3月16日に個別療法を受けて、18日にオルゴールを手に入れてから2週間ほどしてから、前歯が上下でカチカチ当たりはじめて次第に増えて来て『何で当たるのかな?』と不思議に思っていました。

それがオルゴール療法を始めてからだと気がつきました。ほかのことは何もしていませんから確かだと思います。『最近格好良くなっている』と他人から言われます。3週間ほどでこんなに変化が起こって驚いています。 2008/04/19 兵庫県 40歳代男性

カテゴリ:口腔・のど・歯あご  タグ: