20歳過ぎからひのきに弱い体質 アレルギー、花粉症、

私は20歳過ぎあたりから、ひのきに弱い体質なのを自覚していました。

主な過去の症状として

①ひのきのサウナに入ろうとしたが、息苦しくてすぐに出た。

②ひのきの削りカスの入浴剤を頂いたとき、お風呂に入れたら入浴剤があたった所がかゆくなり、赤く湿疹ができ、すぐにお風呂から出た。

③総ひのき風呂に入れず、足だけでもと思いお湯に浸したが、浸した所が赤く湿疹が出来てしまい、ちくちくして靴下が履けないほどだった。

福岡店で療法を受けたのですが、木のベッドがひのきとは知らずに、オープンしたばかりということもあり、ひのきのベッドの残り香で敏感に反応してしまいました。

その日からマスクを着用し、ひのきの香り(成分)が体内に入らないようにしていました。 もちろんベッドの置いてある部屋には入ることもできず、部屋の開閉でも症状が出ていました。

療法を受ける際には違う場所で足の上(太もも)にオルゴールを置いて聴いていました。 聴いていると、細胞と細胞が動くような感じがして家に帰ってもずっと体内の細胞が振動しているような 感覚があり、3か月もしてくるとマスクをしている方が息苦しく思え、自然と外すようになりました。

今では療法の部屋にも入れるようになり、ひのきのベッドにも寝れるようになって驚いています。40歳代女性 Iさん

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。