施設に導入をお考えのお方

アスリートにもう1%の体力アップ!”トレーニング”と”ひびき”のコラボ

アスリートにもう1%の記録アップ!”トレーニング”と”ひびき”のコラボレーション

 スポーツ界にみられる、筋肉トレーニングは、貴重な体力を付け、高地の低酸素環境で心肺を鍛え、気も心も極上に鍛え上げてこられましたが、まだ充分な結果を出せてないのではないでしょうか? 

 世界記録をねらい、国対抗の試合に勝つために、又グループ力を上げる為に、大切なことがあります。それは、

①極上の睡眠 ②最高の脳機能 心身の調整 情緒感性 高効率トレー ニングです。

 1は、良質の睡眠です

5時間の熟睡は、栄養、酸素を体内に取り組むために大切な時間です。生体の夜の仕事です。良質の睡眠は、熟睡です。無理な精神統一や大和魂、さまざまな器具や、まして、入眠剤では、真値の睡眠は取れないのではないでしょうか? 

 その極上の睡眠は、美しい生の、しかも自然界にある高・低周波の豊富な”ひびき”を脳の生命中枢に届けることで得られるのです。脳の生命中枢である脳幹・視床下部に “ひびき” を届けることによって、大脳、小脳をはじめ全身の臓器・器官が同時に動きます。その為には、深い森の”ひびき”と同じ周波数の音が必要なのです。その周波数を元にして、こころもからだも同時に調整されるのです。美しい音を脳の中枢部に届けて、雑念や不安やトラウマに煩わされることのない、”ひびきで深い睡眠を手にいれましょう。自然を基範とした真の熟睡こそが、アスリートたちの強い希望です。

 2に、脳の機能回復です。

 全身の心もからだも脳のコントロール下にあります。その脳は、脳幹、視床下部と呼ばれる脳の生命中枢です。文部省の大橋 力教授グループが「高周波を持つ音楽が脳幹、左視床下部の血流を回復する」論文を第四回国際神経学会で発表、世界で反響を得ました。

 その自然界に豊富にある高周波20万ヘルツ~3.75ヘルツがスイスオルゴールに豊富に存在することを大阪大学と当オルゴール療法研究所で測定して「オルゴール療法」が22年前に世界で初めて発足されました。

 生命中枢の脳は、大脳、小脳をはじめ全身の臓器、器官をコントロールする重要な脳であり、今や環境からその機能を弱めて多くの病状を発症させているのが現状です。

 生命中枢の脳の機能に自然治癒力があり、その機能が、心も身体の不調を解くオルゴール療法は、ひびきを脳の機能を回復して心身の不調を複数、同時に解くことから、セルフケア、エコ医療、予防医学に、更に副作用のない安全な医療として、次世代の未来の医療と呼ばれています。 

 3に、心身の不調を溶きます。

 細胞は六〇兆個あり、常に、正常な細胞分裂が行なわれています。その為には、豊富な栄養、酸素が臓器・器官四〇種に日々に届けられなければなりません。栄養・酸素の不足から起こるがん細胞を作ってはならないのです。体力を落としては、記録など望むべくもありません。肺から新鮮な酸素を供給し、胸骨で三〇%、骨盤で五〇%の造血をして心臓から全身に、さらに指先の末端まで届ける必要があります。そして指先の体温を三十四度までに上げて置かなければならず、筋肉トレーニングが生体の調整に先行する無駄は避けなければなりません。指先をはじめ全身の血流回復は神経細胞の延伸をも助けます。

 怪我は早期改善です。一刻を惜しんで、復調しなければなりません。さらなる記録を出し、試合に間に合わなければならないからです。”ひびき”の療法は、骨折、打ち身、捻挫、こむら返り、肉離れや外傷など、一般の医療の三分の一から半分で回復、改善されています。車の衝突事故三十二の後遺症で二十三年間、薬とサプリと治療に2億円のお金を使いながら、何ひとつ改善されない症状を、“ひびき”の2ヶ月全治された50歳代の女性の改善例を真摯に受け止めてみてください。(交通事故32の後遺症を2か月で全治)生体は、複数の臓器と器官が同時に機能しなければならない仕組みです。からだは、複数の症状を同時にでなければ溶けないのです。”ひびき”による脳の調整力は、現在の医療、とりわけ、スポーツ界に必帯の医療であると言えるでしょう。

 4に情緒・感性の器です。

 現代のハードトレーニングに決定的に抜けている教育があります。それが感性の育成です。血液の循環も筋肉トレーニングも神経も完璧に仕上がりながら、それをまとめる感性の育成の脱落はスポーツ界にとって、大きな損落です。

 数学の世界的権威で、日本が誇る教育者にして多くの方から畏敬の師とされる、岡 潔博士は、「美しいと感じるときのみ情緒が育つ、今のごとく目先の、記憶ばかりの教育では二〇歳が限界」と説きました。至言とも言えるこの"情緒の器が現代スポーツ学に欠けているのではないでしょうか。日本人が最も大切にした、世界に誇れる情緒の欠落は八十年前に、日本の音楽を手放した時に見落としました。

 情緒は何人も犯すべからずの機能とあります。事に当たって、動揺せず、心を曇らせず、澄み切った精神状態を情緒の育成に求めましょう。 自然界の美しい音楽は”情緒の器”育成の為に大切です。音楽はあらゆる芸術の最高位にあるとされ、現代においても宗教にも利されて、大切にされてきました。

 5はトレーニングです。

 昔の無理なトレーニングからやっと脱却出来て日々合理的になってきました。しかし、もう一歩科学的なサイエンスのトレーニングが必要ではないでしょうか?

疲れてやすむ疲れる前にやすむ、さらに疲れない体質にして短時間の高効率の考える “ひびき” の脳トレです。トレを始める30分前からひびきを全館に流します。脳への “ひびき” の供給は、都会に不足している “ひびき” の再生です。そして、心肺機能を上げ、ホルモンの分泌、神経、代謝、体温を上げ、全臓器をフルに活性して全身の機能を最高度に上げます。その結果、疲労物質の代謝が促進され、疲れない高効率の体質でトレをします。

 2種類の “ひびき” は筋肉の緊張を解き、やわらかくします。結果、骨を正しい位置に戻し、体幹を調えます。(O脚改善例、外反母趾改善例)さらに動体視力など運動神経を高め短時間に効率の良いトレーニングを実現します。(水泳でつかれない体験例)(足裏からデトックス症例) 

【実践】競技前の控室で “ひびき” を競技参加者全員に30分間供給。強い “ひびき” は交感神経を最高度にして“あがる”状態にします。”上がらない”では良い競技は出来ないのです。〔交感神経優位と副交感神経優位の2種を使用〕。

                一般財団法人国際ひびき生命科学研究センター 理事長 佐伯吉捷

 

 

待合室は極上のヒーリングルーム

         医院・クリニックの待合室は極上のヒーリングルーム

 病院・クリニック・整体・接骨の待合室はとても居心地の良い空間です。ご自分や家族がお世話になっている 信頼感のある待合室は空調が効き、さまざまなウイルスから身を守る清浄器が働き、クリーンな空気と水が常備されています。こんな安全で気の休まる処はめったにありません。

 ある医院の待合室はおしゃべりの好きな方や寡黙な人々が受け入れられて朝からいっぱいの人だと聞きました。別の整体、接骨の医院では、待合室に足湯まで用意していると院長先生が言われて安全で気の休まるお部屋つくりにされていることに関心しました。

 オルゴール療法研究所では、以前から市民病院のホールなどに生の”ひびき”で美しい音楽が流れている理想のホールを想像していました。来訪者の健康にも、空気の浄化にもきっと良いし、とても気持ちの良い空間になるのになぁと思っていました。その夢が、この度、ある小児科医院で実現したのです。それが”医院・クリニックの待合室は極上のヒーリングルーム”なのです。

 オルゴール療法研究所で扱うオルゴールは、シリンダー型のオルゴールで15分、144弁では60分の自動演奏です。ディスクオルゴールは20分です。オルゴールのゼンマイの巻き上げ器はありますが、長時間の演奏は不可能でした。そこに新しく生まれたのが、パイプを持つストリートオルガンです。なんとカセットにいれた200曲を生の演奏をするものが実現したのです。当研究所では、それを8時間の長時間自動演奏して止まる世界で始めてのオルガン作りに成功しました。

 さらに、大きな音から比較的に音量を抑えて演奏出来る、11段階の音量を調節できる新型のオルガンをドイツのメーカーと共同で製作することになりました。音量の問題も有り、特にマンションやご近所の近い住宅事情では、少し小さめの音で、一方で、身体の調整には、大きな音量が必要です。その為に、音の変換器によって、ほぼ希望のオルガンの出現をみたのです。

 待合室で、抵抗力のある、体力のついた身体にしておけば、少々のウイルスにも掛からないでおれましょう。知らない間にお元気になり、お病気から脱却されて、待合室で心とからだつくりができるなら、先生の手も掛からず、理想的な医院になり喜ばれて,人々の評判も上がるでしょう。

 ゼンマイを蒔くのに、疲れたり、腕を痛めたりする心配もなく、故障の心配もなく、好きなだけ鳴り続ける自動オルガンは新しい分野を広げてお役に立つことが期待されます。

 

 

施設に導入をお考えのお方

オルゴール療法を併用される意義

オルゴール療法を併用される意義

現代の医療の中心が薬による対症療法では、生体の恒常性を戻すのに無理があります。オルゴール療法は脳の中枢部の機能をアップすることで、心も身体も複数の病状を同時に改善するという特性を持っています。例えば歯科医院で、歯の治療をされる診療室、待合室で自動オルガンの生のひびきを持つ音楽が常時鳴っていることで、同時に身体全体の調整が行われ、ご専門の処置に少なからず良い影響を与えましょう。

 

専門分野の治療には、脳のコントロールによる臓器、器官の全てが整っていることが大切です。これからの医療は部分的な治療と心身全ての療法が力を合わせて治療することで成果が上がり、脳の生命中枢のひびきが一つの解決策の大きな可能性を持っていると考えます。ひびきによる大きな成果で健康をお届けする治療院となることが、大切ではないでしょうか。

 

ご一緒に無病の世界を目指しませんか、ひびきの療法を取り組まれませんか!

オルゴール療法の成果に各方面から強いご関心や高い評価を頂いています。

ある医師から「現在の優れた症例は将来科学や医学がこれを検証出来る日には優れた療法になるでしょう」

又「副作用もなく、真の健康を志向する上で最上位の医療になるのではないか?」「顕著な改善を体験された方々でもこの価値を未だ理解されていないのではないか?それ程凄い」「音楽を聴くと気持ちが良い程度ではなく、オルゴール療法の内容は物理的で説得力がある」「健康を指向する現代の心身医学に於いて無視できない療法」「老人ホームや施設の障害児達に有効ではないか?」とご専門の方に高い評価を頂いています。

改善すべき生活習慣や環境に対する抵抗力を付け、病から脱却し、更に無病の世界を目指すことにオルゴール療法は希望を持っています。オルゴール療法は、脳のコントロールによって心と全身の複数の疾患を同時に溶く、副作用のない、安全な療法です。西洋医学、東洋医学、統合医療と併用されることで、更に効果が上がることが期待されます。

オルゴール療法の実践での顕著な成果

実践での主な成果は、先ず「痛みからの解放」です。
視床痛、帯状疱疹後の神経痛、リウマチ痛、座骨神経痛、上腕骨骨折痛などです。
最近の例では三叉神経痛が全く無くなって11ヶ月が経過しています。
次にリウマチ、橋本病、シェーグレン症候群、など一連の膠原病の改善です。
痛みが取れ、指が伸び、むくみが極端に無くなり改善しています。
橋本病やバセドウ病の改善も目を見張るほどです。
更に脳卒中の後遺症の改善、その他骨盤矯正や歯列矯正です。
頸椎椎間板ヘルニアや膝関節からの矯正です。
めまい、ふらつき、耳鳴り、難聴の多くは、電磁波過敏や化学物質過敏症が根底にあることが判りました。
この20年間で、5,000の症状改善を数える程になりました。

オルゴール療法を取り上げる利点

世界の医療、療法、西洋医学も東洋医学、民間療法も、論文があってそれぞれに効果があり健康を目指しています。

オルゴール療法は、ひびきを脳の生命中枢の血流を回復して、自然治癒力を高め、複数の症状を同時に溶き、免疫力、抵抗力を上げて、全身の心とからだの恒常性を取り戻す療法です。

それぞれの医療法が命と対峙し、健康を取り戻すために協力し合うときが来ていると思っています。ご一緒に療法を進められませんか?

オルゴール療法の取り組み方

院内に設置するオルゴールの設備

  1. 基本のセット,標準のセット,更に効果的なセットの選定。
  2. オルゴール療法室(セラピールーム)の設置があります。

詳しくはお問い合わせください

フリーダイヤル:0120-700-704

メールでのお問い合わせ

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。