◯認定オルゴールセラピスト養成講座に参加して T.K.さん

 

“ひびき”による脳からのオルゴール療法

 

〇認定オルゴールセラピスト養成講座に参加して T.K.さん

 

 今回は 遠方であることと3日間連日と言うこと、家族が少し不健康なことで無事に受講し終われるのかが 私には内心不安がありました。けれど、所長さん、店長さん、並びにオルゴール療法研究所のスタッフの皆さんのご助力によって無事に3日間の受講を終えることができました。誠にありがとうございました。

 

〈 オルゴールと私の出会い 〉

 今回、受講するにあたり、私とオルゴールのルーツを探りました、初めは、10歳の誕生日に両親からおねだりをした宝石箱タイプのオルゴールが、私とオルゴールとの初めての接点だと感じていましたが、そのきっかけを作った根本がまだあることに気づきました、けれどすでに人生半分を生きてきましたので、思い出せるのはせいぜい、幼稚園児の頃のみ、それ以上はとうてい思い出せそうにありませんでした。

 半分諦めかけていましたが、ふと思いついて、オルゴールに『アンボイナ144弁』の上にそっと腰かけて瞼を閉じ オルゴールの響きに浸りました、すると、脳裏に微かに回転するおもちゃが見え出しました。 驚きました。私は乳幼児の時の記憶が脳裏に見えたのです! そして、10分、30分と時間が経つうちに、これは 私が乳幼児の時に、頭上に飾られていたおもちゃで、ひもをひくとオルゴールが鳴りだし飾り物が回転するものだったことをはっきりと思いだしました。

 この時身をもって オルゴールの持つ「超高周波」が 人の脳に作用すると体感しました。私とオルゴールの思い出について話を進めます、私は 内向的な性格でしたのでオルゴールを眺めたり、響きを聴くのが大好きでした。10歳の時オルゴールを両親からプレゼントしてもらってからは、機械が隠されている箱を無理やり開けてみたりして、中を確かめました。

 オルゴールは大変精密な機械でありながら、原理は鉄琴を弾いているだけなのか!と驚きましたが、なによりも神秘的な響き音色に心をとらわれました、けれどまさか大人になってからこれほどオルゴールの可能性を思い知らされるとは夢にも思いませんでした。物心ついたころから、私はこうしてオルゴールが大好きでしたので、今回のオルゴールセラピスト講座は大変興味深く有意義なものとなりました。

 そして、私の人生で オルゴールとの印象深い第2の出会いがありました。 それは 短大〈美術専攻〉の時の同級生が結婚式を『オルゴール博物館』〈所在地は名古屋、15年ほど前に閉館〉で挙げたことです。

 少し広めの喫茶店くらいのフロアーに所狭しと 大きなタンス型のディスクオルゴール〈ポリフォンやステラ?〉など、珍しい装飾のついたパイプオルガンが飾られており、挙式の進行にそって一つ一つ演奏されました。とても豊かな気持ちになり 参列者、新郎新婦も祝福で身も心も一杯になりました。

 またこの神秘的な精神状態はどうしてなるのか不思議でなりませんでした、確かに新郎新婦が若くて美しかったせいもありましたが、確実に何かが脳に働きかけていると実感しました、それが今回の受講で『 超高周波 超低周波 』のなせる業だったのだと確信いたしました。

 またその友人は 私にもっと衝撃を与えました、婚約指輪にダイヤモンドが定番なのに 72弁のリュージュ製のオルゴール「当時30万円」をダイヤモンドの指輪の代わりに選んでいたのです!私が友人の新居訪問で家に遊びに行った時 友人に「いいもの見せてあげるね」と言われて、まさかオルゴールだとは思いませんでした、白い箱から大切そうに取り出したのは、リュージュ製の72弁オルゴールでした。

 その時はそんな高級なオルゴールを見るのは生まれて初めてでしたので、驚きの声が出てしまいました。友人は壊れ物を扱うように そっとねじを巻いて、私に聴かせてくれました。今でも思い出しますが、これほどの豊かな共鳴や残響がこんな小さな美しい木の箱から生まれるなんて驚きでした!

 いつか私も手元におきたいとそのとき誓いました、けれど 友人の購入した博物館では 多分メンテナンスを受けていなかったような気がいたします、兎に角壊さないようにスイス製だから壊れないように、が1番で聴くというより、飾っておくと言う感じが強かったたことが、見受けられ残念に思いました。 けれど、私は

こちらで、購入できてとても安心です、専門の技術スタッフのメンテナンスがしっかれされているので、友達と同じ場所で購入しなくてよかったと安堵しています。ですから気兼ねなく長時間オルゴールを聴いています。

 

〈 オルゴール療法との出会い 〉

 そして いよいよ私とオルゴールの第3の出会いです、 私の夫が今から11年ほど前パーキンソン病を患いだしました。専門の内科があるからとに東京まで行きましたが,先生は薬を出さないことに抵抗を持たれるのです。その時は2011年春で今より進んでいなくて ヤール2.5くらいでした、「右の親指に震せんと動作の緩慢さがあるのみでした」が、薬を処方したがりました。私たちはこのことで西洋医学に頼ることを諦めました。

 夫も一生懸命に代替療法を探していて昨年 ネットで 日本オルゴール療法研究所のHPに出会いました 「オルゴール療法というものがあるみたいだよ」「やってみたいけどいい?」ときくので、私は小さいころからオルゴールは好きでしたから2つ返事で、「いいよ」と答えました、でも暗い表情で 「とても高いんだ」と言いました 「いくら?」と聞いても答えません、「自分で日本オルゴール研究所というホームページを見てみろ」という回答が帰ってきました。

 そして私は すぐ こちらのホームページに行き当たりました。まず驚いたのは 欲しいと思っていたスイス製の友人の持っていたオルゴールを扱っていることでした、またその時、友人の披露宴が神秘的だった理由がここに有ったのかな?と思いだしました、そして、その時の披露宴で 祝福と同時に癒しの体験をしたことが鮮明に蘇りました。

 『あれは、気のせいでなかったんだ・・・何か科学的根拠がありそうだな・・・』と思いと大いに有意義だと感じました。 すぐ、オルゴール購入の申し込みをネットでしましたが、私は人と同じことをするのが嫌いのタイプで、お勧めの「パッヘルベルのカノン」が丁度友人が持っていたグレードのものだったので〈曲は「カノン」ではありませんでした〉迷いました。

 電話で問い合わせると受付の方がすぐセラピーの先生の取り次いで下さって「山室先生だったような気がします」先生曰く「パーキンソン病には144弁のカンパネラがいいのです」とお勧めされました、この時すぐに変更出来、今思うと良かったです。

 この時丁度良いタイミングと決断をさせてくださり 皆さんに感謝です。でも夫はこの時、自分が言い出したのですが、私の決断にかなり抵抗がありました、けれど金銭に寛容なところがあり理解を得ました。そのような経緯で私はオルゴールと3回目の出会いを経て 今回の オルゴールセラピスト養成講座にまで至りました。

 

〈 今回の講座で学んだ事 〉

 研究所の所長さんから 多くの臨床データーをスライドなどで学びました、現代の医学界も西洋医学の対処療法だけでは今後立ち行かないことを予感されているようです、また西洋医学では、人体を各器官ごとに分けて治療をしていて「循環器科」「呼吸器科」「消化器科」「眼科」などと 切り分けて治療をするのに対して、このオルゴール療法は 人体を一つの総合機関と捉え、患部だけに作用するのではなく、人体全身に作用しその結果患部も自然治癒導かれていくという 理想的な自然の摂理に沿ったセラピーだと学びました。

 そして、全身の健康、バランス、ありとあらゆるものを司っているのが、今更ながら【脳 】であるのだと痛感しました。そして 人体を司る脳にある 【 脳幹 】に作用できるものは唯一 「超高周波 聴低周波」であり西洋医学で処方されている化学物質の薬剤は脳幹にまでは作用しないと言うことも再確認しました。

 またオルゴールの発する響きの「超高周波・ 超低周波」によって人体のゆがみも改善されていくものであることが分かりました。筋肉の硬直は鍼灸院に行かなくともオルゴールの「 超高周波 超低周波 」で溶けることも驚きでした、【 筋肉の硬直が解けると 骨が限りなく元の位置に戻ろうとする そして臓器も正常な位置に戻る】これはシンプルですが自然治癒を目覚めさせるのに1番大切なことだと学びました。

 現代医学では何かと 人体の器官をバラバラにとらえます、人体を1つとしてみなさずに器官ごとに診れば診るほど自然治癒からは遠ざかるのだと思います。原因はもっと人体の奥深くにあるのだけれど、現代医学の方法では、その奥深い 病の根源にたどり着くことは到底皆無なのではないか?と私は再確認しました。また オルゴールの響きが細胞に働きかけることの実証として体温が上がるというデーターも説得力がありました。

 今、科学的な実証はされて居ないけれど いろいろな種類の健康法が出ていて岩盤浴などもその一つのようですが、冷え症に対して岩盤浴とオルゴール療法の違いは明らかだと感じました。岩盤で温まった気分でいても、岩盤の熱が皮膚を温めているだけで、時間が経つとまた冷えが戻る、温まったのは岩盤にあたった皮膚だけ 結局細胞は冷えたまま、細胞が根本的に癒されていないと言うことになります。

 その反面、オルゴールの響きは熱を外から与えるのではなく響きで細胞自体を活性化して結果 細胞が自ら温まっていくと言うことで貴重な発見であり、オルゴールの響きは冷え症の多い女性たちの力強い味方だと感じます。また冷え症は解決策がなく、外から体を温めれば温めるほど、体は冷えていくと言う説も聞きました、湯たんぽやカイロを足先において就眠することは、体の冷えを助長することだという絶望的な話を私は知り路頭に迷いました、けれど 今回の講座で学んだ私は 今年の冬は何も怖くない・・・と確信しています。「このオルゴール療法は人を治そうと始めるのですが、実は自分も治りだしているという良い意味の副作用がついてきます、」所長さんの名言を今私も実感しております。最終日に頂いた標語の4番の言葉は暗記する大切な言葉だと感じました。

 ≪ オルゴール療法は、自然界のひびきを生命中枢の脳幹 視床下部の血流回復、臓器40種類の機能改善、

さまざまの症状を複数同時に改善、世界で初めての脳幹療法!≫この一言にすべてが語りつくされているようです。

 また 今回の講座では医学用語などもあり、あまり馴染みがない単語も続出でしたので、これからも少しづつ研鑽を積み上げていきたいと思います。

 

〈 感動したこと 〉

 感動したことは、まずオルゴールは聴くものと言うことから 触れるものという発想の転換がされたことです。また物理学者の武田邦彦先生も「超高周波は耳では聞こえていないものなので、皮膚から感じ取っている」というようなお話をされて居ました、抽象的な表現で言うと 皮膚が超高周波を感じ取っていると言うことなので オルゴールに触れて、また耳を傾ける方法は、超高周波のひびきを有効に人体に取り入れる方法なのだと感動しました。

 まだ購入したばかりの頃は 美しい宝石箱のように感じていましたので、まさか今のように、その上に腰かけたり、足をのせたりなどと思いもよらなかったのです、まさに目からうろことはこのことです!そして、より有効にオルゴールの響きを体に取り入れると言うことが自然治癒の鍵であることも分かり、その真実に感動しました。

 またセミナー2日目には、スライドにて様々な症例がオルゴールのひびきによって癒され治癒して行くさまを目の当たりにしました、このことも感動でした。私も励まされました、どうもありがとうございました

 

〈 今後の展望 〉

 今回のオルゴールセラピスト養成講座の受講動機は ずばり 高齢化社会です。 以下に私の夫が受講しているBBT大学〈Web通信大学経営コンサルタント大前研一氏〉の資料を添付いたしました。今後 国民皆保険は 維持できないと、半数の現役医師が検証しているそうです。 私は 西洋医学ではお年寄りに対しては、寝たきり老人を作ることしかできないのではないか?と少し乱暴な考えを持っています。

 オルゴールのひびきを日本中のお年寄りが体感して少しでも明るい気持ちを持ち、せっかくの人生を最後まで楽しく自分らしく遂げていただくお手伝いを私にも出来たらと思いました。また薬に頼らず生活することが 自分らしい、人間らしい旅立ちを可能にするのだと思います。まずお年寄りを様々な薬から開放していかないと、日本経済自体が崩壊すると思います。

 どこかでこの薬漬けの連鎖を断ち切らないことには、日本の明るい未来が見えません。薬に頼らない生活 自然治癒力を高める健康な生活、それをできるのがこの素敵なオルゴール療法だと私は信じています。  T.K.さん 女性

ご相談電話・体験・個別のご予約の電話:
東京:03-6262-0741 営業時間 10時~17時
スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512
横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
「体験会」:60分間で原理の説明とひの木のベッドの体験会です。
「個別療法」:病状へアドバイスと個別療法す。
「会 費」:2,000円, 個別療法:5,000円

「アクセス」

東京日本橋
JR
  • 東京駅 日本橋口 徒歩8分,丸の内北口 12分

    東京日本橋日本オルゴール療法研究所東京都中央区日本橋本石町⒊-2-6ストークビル7階

  • 神田駅 南口から高架線路沿いに8分
  • 新日本橋駅 2番出口から4分
メトロ
  • 大手町駅B6出口から8分・A2出口から10分
  • 銀座線 三越前駅A8出口から7分
  • 半蔵門線 三越前B1出口から5分「横 浜 元 町」
大 阪 梅 田
JR阪神阪急
  • 各線 大阪駅 中央南口より徒歩6分
  • 西線 北新地駅 徒歩3分下鉄
  • 御堂筋線 梅田駅  徒歩5分
  • 谷町線 東梅田  徒歩3分
  • 四つ橋線 西梅田 徒歩5分
横 浜 元 町
JR:京浜東北線 石川町駅 元町口徒歩8分
みなとみらい線:元町中華街駅 徒歩7分

 

 

 

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。