コンテンツ

1万回のオルゴールコンサート

アンティークやスイスの現代のオルゴールのひびきはとても魅力的でした。コンサートは感動と笑いの渦で埋まり命の大切さをももたらしました。生きる喜びや人生の大切さをお伝えするコンサートになり、年間ほとんどお休みがない程、続けられました。

「胎教からのオルゴールで夜泣きをしない」「すぐに泣き止む」「深く眠れる」「冷えが解消」「うつが快方に」「自律神経失調が戻り」「高血圧が正常に」と多くの感謝の言葉が送られました。

オルゴールコンサートは、さまざまな人生を私に教えました。「阪神淡路大震災では、オルゴールがご趣味で、良くお伺いしていた医師の先生宅に山を越えて辿り着いたときに、「小学生の孫娘を亡くしました」と言われて絶句しました。それから毎日、飲み水を運びました。慰めの言葉など思いつかず、ただ水をお運びすることしか出来ませんでした。
箕面のオルゴールサロン・ルヴィーブルは、1階にサロン、2階にオルゴール専用のコンサートホールとスイスレストランを併設し、コンサートは午前、午後と50名ずつ、毎日、2回、年刊のコンサートを開催しました。

ある日、オルゴールコンサートが始まるとすぐに、2列目のご婦人が涙をいっぱいに貯め、そのうち、ハンカチで目を覆い最後までお顔を上げることが出来ませんでした。「大学生の娘を地震でなくしました。明るい子で落語研究会で人を良く笑わせていました」この時も言葉を亡くしました。「結婚式の指輪の交換の時にオルゴールの“カノン”を鳴らして皆さまが感動した」と小川先生のお話しをしたのが、お嬢さんを思い出して涙が止まらなくなったのです。罪なことを言って申し訳ない思いでいっぱいでした。

音楽ホールでのオルゴールコンサートは、やがて、音響の優れた音楽ホールで開催されることになりました。年末のクリスマスコンサートは、盛況で、現在も20年を超えて開催されています。大阪いずみホールや横浜のみなとみらいホールで開催されました。東京の恩賜ホールや四谷の紀尾井ホールや福岡のアイレフホールなど、また、美術館 博物館のホールやデパートの音楽ホールなど、合わせて40年間で1万回を超えました。コンサートやオルゴールの展示会を含めると、テレビも600回を超える取材や放映をして頂きました。

コンサートに使用するアンティークオルゴールの名器も次第に増えて行き、その上に、現代のオルゴールや手回しのオルガンも好評でした。ドレオルガンでバッハの小フーガを演奏し、続いてホールのパイプオルガンで同じ曲を弾くパフォーマンスで評判になりました。オルゴールとのリコーダーとの共演やスイスから弦楽四重奏者を招聘したり、パンフルートの共演等、オルゴールは、他の音楽と共演して立派にその音楽性を主張してきたのです。

胎教にスイスのオルゴールを教えた作曲家小川正先生を団長にして、ヨーロッパのオルゴール博物館を巡る山と音楽の旅を企画して、オルゴールの知識が豊かになるにつれ、オルゴールコンサートの内容も次第に充実して行きました。その分お話しの部分が増え、不評なこともありました。

思い出を宝物とするスイスのオルゴールは100年5代の家の宝として代々渡す趣旨があり、そのことにも感動しました。古い音楽を100年、150年の時代を渡す音楽文化の伝承の意義も大きく、又美しさに情緒教育もあり、更に、スイスのヨーデルにもある宗教性にもこのオルゴールの意味を見つけて美しさをめざして究極のオルゴールの箱は、ここに来て、その音に自然界と同じ周波数をもつひびきの効用に至る幸せに対面することになったのです。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。