変形性膝関節症と“ひびき”のオルゴール療法

 変形性膝関節症と“ひびき”のオルゴール療法

 膝が痛む、膝の水を月一度抜く、コクコク音がする、女性に多い疾患ですね。中年から後年の女性に多く見られます。骨と骨の間にある緩衝剤の軟骨がすり減って起きる疾患として、認識しています。治らない病気、痛みに歩けない、歩くのが億劫になるので、外出を控えるようになります。

 

 “ひびき”による脳からのオルゴール療法で治る例が起こるのは何故でしょうか? それは、軟骨が再生されると考えてみましょう。現代の医学では、軟骨は、再生されないというのが通説になっていて、その為に、疑似軟骨を埋め込む手術が、主体です。

 

 軟骨は血管が通ってないので、再生しないというのが、主論ですが、オルゴール療法では、治っている症例があります。軟骨は再生しないという常識は、どうも腑に落ちないのです。何故なら乳幼児の軟骨が何故大きくなるのか、廻りから血液を貰うからではないか? 永く疑問でした。

 

 現代の環境から不足している“ひびき”を生体に与えることで、脳幹・視床下部という生命中枢脳の機能を正常にすることで、潤沢な血液を全身に届けると考えられます。からだが暖まる、手の先が平均15℃も上がる方々が500名の中で150名の方に上がる統計を当オルゴール療法研究所で取りました。

 

 脳の視床下部は全神経の調整と、血液も全身に送る代謝機能をコントロールすると言われています。軟骨の周りの末梢血管から血液をもらい、再生して、機能を回復すると考えられます。副作用は、改善一万五千症例にありません。試して見られる価値はありましょう。

 

ご相談電話:個別体験会申込:東京,横浜、大阪にお電話ください。営業時間 10時~17時。 
      東京:0800-800-2512
      横浜:045-663ー1072 (火.木.土. 営業)
      大阪:0120ー700ー704

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。