ブログ

オルゴール療法と聞き方を十分にお伝えできていなかったことを反省!

ある男性が久し振りにオルゴール療法研究所に来られて療法を受けられました。終わってから「お久しぶりですね、その後如何ですか? 症状は良くなっていますか?」とお尋ねしました。
 
「あまり聞けていません。寝るときに30分くらいです。2回捲きますから」と言われてカルテを見ると、144弁のラ・カンパネラを購入されています。「144弁をお持ちなら、全部捲きますと60分鳴りますよ」「ああ、それなら2時間聞いていますか?」
 
ここで気が付きました。私たちの説明不足です。144弁は60分鳴ることをお教え出来ていないことに、もう一つは、30分でいい!(実際には2時間ですが)、ダダ聴いていればいいと判断されているのではないか?オルゴールを聞いておれば、自然と治っていくのだと判断されておられるのではないか?この2つが理解されていないことに驚き、大きく反省しました。
 
オルゴール療法を十分にお伝えしてないこと、ケア不足から改善が進んでないことを反省しました。日頃から多くの方に「もっと聞いてくださいよ」と申し上げていますが、ご指導方法を工夫しなければならないと反省しました。