おやすみの8時間も自動モン・パープルの時間(七)

 自動オルゴールモン・パープルの不具合を調べる為に、24時間の試聴を続けました。その内に、大きな発見をしました。それは、お休みの8時間は、睡眠の為の大切な空白の時間です。ところが、その空白の時間をモン・パープルは、心身を健康にする時間に出来ることを発見したのです。

 前に書きましたが、夜おやすみにオルゴールモン・パープルを掛けて寝ると、朝起きた時に、オルゴールが夜通し鳴っていた驚きをお知らせしました。その驚きはもう少し深い意味を持っていたのです。

 それが、8時間おやすみの空白の時間は、心身を健康にする時間なのです。どういうことかと言いますと、今まで、さんざん、最低でも1日3時間はオルゴールを聴いてくださいねとお願いしてきました。それが出来ず、調整を遅らせる結果になっていました。720名の方の統計を取って、オルゴールの聴く時間が、1日、平均30分と出た時に、これではいけない、心身改善心身改善改善の為にはもっと聴く必要がある、それで、もっと聴ける時間をお伝えしてきました。朝のお目覚めの布団の中で、柔軟体操と合わせて15分、歯磨きの時にも15分、お料理中も、食事中も、新聞を読むときも、アイロンを当てる時も、ご趣味の最中にも、お勉強にも、テレビの時も、お風呂上がりにも、お休みにも15分とお勧めしてきました。これで、合計3時間なのです。

 さて、もうお解りです。睡眠時間の8時間は、オルゴールで心身の調整の時間として全くの空白の時間であったのです。この発見は、実際に試してみないと解りませんでした。理屈でない、実の体験でなければその驚きは、発見出来なかった!それが、実感です。自動オルゴールは、「ゼンマイを捲く苦労を無くせる」目的でしたから、私自身も新しい発見でした。

 もう、今までのように15分毎にゼンマイを捲くことはありません。知らない間に、1時間、3時間、何をしていても、オルゴールはあなたの傍で、鳴り続けるのです。それは、今まで不可能だった、1日、12時間~18時間の療法を可能にすることになるのです。

 オルゴール健康法は、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年を観てくださいねとお願いしてきました。この改善ステップを上がらず、途中で諦めないでくださいと、継続する大切さ、ひびきの量を沢山取り込む大切さをお願いしてきました。

 これからは、オルゴールが、引っ張ってくれる形になることでしょう。それは、一刻も早く健康をとりもどされ、抵抗力をつけ、確実に強いお身体をご自分のものにすることになるのです。

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。