“ひびき”による〇歳から二〇歳迄の脳とからだの発育(その二)

“ひびき”による四歳から十四歳迄の脳とからだの育成教育(一)

 イギリスをはじめ北欧4カ国、更にドイツ、フランス、ベルギーなど欧州の国は「14歳までの成長期の子供達に携帯電話を売ってはならない」国の条例があると聞きます。
 
 〇歳から三歳までの発育を成長第1期、四歳から十四歳までを成長第2期として、この時期に脳の発育と体の発育が大切な年代を迎えます。ルーマニアのコマネチ選手は1796年のモントリオール・オリンピック競技大会に、14歳で出場し10点満点を7回もだし金メダルを3個他を取りました。世界中が驚き、賞賛の拍手を贈りました。
 
 そして、体操競技において、12歳から14歳までの年令が、成長期の頂点に近いことを私たちに教えました。『あんな子供が10点満点の金メダルを?』という驚きは、今も鮮明に想いだされます。そして、それは成長期の子供の一つの頂点を表しているという、成長の仕組みを私たちに見せつける結果となりました。
 
 前回四才迄の成長に登場した、スキャモンの発達曲線を改めて見てみましょう。
【スキャモンの発達曲線】
 
                                    SGS総合栄養学院
  
 青色の神経型の成長カーブを見てください。四才で凡そ80%の成長がみられます。そして十二才で、ほぼ100%の成長が見られます。運動神経や、感覚神経、更に自律神経が大人の領域にまで達していることが見て取れます。
 
 一般型は、身長や体重、更に筋肉や骨格の成長です。産まれて四才までで50%と、十二才からカーブが上昇していることが判ります。 
 
 さて、オルゴール療法では、〇才から四才までを、カンガルーのオルゴールゆりかごで、充分に“ひびき”による脳の発育が促進されました。それを数値ではお知らせ出来ませんが、双子の保育園児を預かった保育園の園長先生は、『これほど、リズムと語学に長けた子を初めてみました。音楽が鳴ると同時にリズムに乗るのです』このことは、神経と骨格、筋肉の発育が目に見える程に、その高さの証明になりましょう。
 
 この子たちは、からだの育成が、人並み以上に優れているなら、大脳も、そして小脳など全ての脳も充分に育っていることが予測されます。今、この子たちは、野球選手とバレリーナを目指しておられるそうですが、きっと、大きく期待される選手になるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。