オルゴール療法は老衰に勝つ健康法(その十五)温浴の前にひびき,後の温浴

オルゴール療法は老衰に勝つ健康法(その十五)温浴の前にひびき,その後の温浴

 私たちは古来より温浴を楽しんできました。お風呂に入ることを楽しみにしてきました。冬の暖かさも、春のさっぱりさも、夏の汗を流すときも、秋のすがすがしさも、温浴にありました。

 

 しかし、それは末端の細胞からあたたまることでした。かがり火に手をかざしたり、火鉢に手をかざしたり、様々の暖房器に、暖を取りました。それは体の末端から、皮膚からの暖かさを体の芯に届けることでした。古来より暖を取り、暖かさを持ち込んで、寒さの中に生きてきました。それは間違いのないことでしょう。

 

 私たち人類は今“ひびき”を手に入れました。目に見えない、耳に聞こえない響を手に入れました。その響きは頭に伝わり、脳の中枢に伝わり、神経にさわり、血液を作り代謝を整え、体の隅々にまわしました。

 

 暖かさは、ここからも来ていたことを知りました。体の芯から、そして脳から体の隅々にまで血液を回すことに温かさがありました。末端の温暖浴と脳からのひびきによる血流は栄養を細胞に渡すことによって体温を維持します。

 

 温浴と響浴はその前後にあって更に、効果を上げることに気が付きました。お風呂に入る前に響きを聞き、お風呂から上がって、また響きを聞き、脳の中枢からと、末端の皮膚からと健康を手に入れるために、そしてまた命を永らえるために、自然にかなった温浴と響浴となりましょう。そして、細胞を元気にする、命を永らえることを知りましょう。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。