心肺停止、瞳孔が開いて後、蘇生して3ヶ月

 母の心臓は、もう長くはもたない」と私立病院で宣告されました。ナースステーションの緊急ベッドに移され24時間体制の看護が始まりました。以前からオルゴールの音色が素晴らしいと病室を訪れる看護師さんたちにとても人気でした。

 やがて、母の心肺は停止し、瞳孔が開いて、その旨を告げられました。諦めきれない私は、オルゴールの音の強い144弁のラ・カンパネラのオルゴールを枕元で聞かせ、ゼンマイが終わると、捲いて鳴らし続けました。やがて、母の心肺の状態を知らせるモニターに変化が起こったのです。看護師さんたちの行動が慌ただしくなり、医師の診断で、母の蘇生を知らされました。オルゴールのお陰です。その後、母は、3ヶ月余りも命を持ち続けたのです。

 私たちも奇跡と思い、医師も「当市立病院では、心肺停止して、瞳孔が開いて後、蘇生した例は、かってありません。ナースセンターでオルゴールはいくら聞いても良いですよ」とナースステーションでオルゴールを聞くことのお許しが出たのです。看護師さんにもオルゴールを聴いて喜んで頂きました。その後、ナースセンターで緩和ケアをして頂きました。オルゴール療法にどんなに感謝してもしきれません。 70歳代女性 埼玉県

コメント:

 日本では、脳幹の機能停止が死と定められていると聞きました。しかし、この症例では、生命は、まだどこかで繋がっていると思われます。医学的な死と宗教では、3日間とされているようですが、生死の不思議は未だ異論があるようです。  

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。