中2からアトピー性皮膚炎で手が切れ痛みました

「緑の泉北ニュータウンから大阪市内に中学時代に引っ越して来ました。工場から出る亜硫酸ガスや車の排気ガスで、網戸がススで真っ黒くなる程、空気の汚れが原因だったでしょうか?にきびが出たり、ウミを持った湿疹が出たり、肌の質が変わったように思いました。

学校の検診でアトピー性皮膚炎と診断され、28歳の今日になっても未だ、引きずっていました。夜更かししたり、寝不足のときや便秘の続く時に、肌にすぐ赤い発疹がで出ました。髪の毛が当たる顔にも首筋にも、湿疹が出ます。汗ばむと腕までかゆくなります。肌のバリアがない為でしょうか?

日本で有数のアトピー性皮 膚炎専門の病院や5か月間宿泊のアトピー性皮膚炎治療にも参加しました。アトピーに良いと云われる病院にも行きましたが、薬をやめると元に戻ることが解り、現代の病院ではアトピー性皮膚炎は治らないのではないか?と思い温泉治療もしました。

6月2日からオルゴール療法を母がインターネットで見つけて参加しました。療法の2日目、太もものや手足がかゆくなりました。体温は36.5℃でした。3日目、足がしびれた感じがしています。5回目、昨日の療法から帰るとぐったりして、目覚めも良くなかったです。今日は体温が37℃まであがりました。6回目、お腹の腫れがひいて来ました。芯がのこった感じです。昨日1日療法を休みましたが、効果が違うので驚きました。確かに療法がアトピー性皮膚炎に効いているのが実感出来ます。7回目、オルゴールが自宅で聞けるようになり、共鳴箱の上に手を置くと手の腫れがひく感じです。今日は今までで一番暖かく汗が滲み、足がピクピクして、しびれが戻る感じがします」

「8回目、昨日寝ていた時に、今まで広がらなかった右手がパッと拡がったのです。薬指も伸びて拡がっています。第2関節を無理して伸ばすと、皮膚が切れて血が出ていたのに、手の表面がしっとりしてきて、中指の表面も傷口がほとんどふさがってきました。車のハンドルが楽に握れるのです。手に潤いが出て、毎日が楽になりました」

「9回目、手が今まで冷たかったのに、身体の内側からあったかくなり、皮膚がしっとりしています。手の平の内側ががバリバリ硬く、拡がらなかったのに、今 柔らかになっています。ほんとに手の平の皮膚が切れなくなりました。未だ水疱が出ていますが。足が電気治療をしているようにビリビリしびれて来て、血流が戻る 感じなのです。この12年間、悪くなる一方だったのに回復に向かっていると実感しています。5ヶ月間で300万円ものアトピー性皮膚炎の治療に参加し、水を換え、アトピー性皮膚炎に良いと奨められる高価な健康補助食品も何ヶ月も試しましたが、こんなに回復に向かう感じは今まで、ありませんでした」 2004/6/11 20歳代女性 大阪府

「一昨日オルゴール療法に参加して、お風呂から上がって手の肌が急に良くなりました。お米をといだりして水仕事をすると少し悪くなりますが、今右手が拡がり首の辺りがしっとりしていて髪の毛が当たってもかゆみを感じません。アトピー性皮膚炎が手から首に、快方に向かっているのが実感出来ます。体温はいつも36.4℃になっています。手がいつも冷えていたのに暖かいです。顔の赤みが退いて、収まってきました。顔が白くなりました」 2004年6月18日

「15回目です。以前は、夜中の4時にかゆくなり、階下の台所で手を水に浸けてかゆみを我慢しましたが、今は全くしなくなりました。血液検査でIGE数値が3,856から2,640に下がりました」療法が終わって、以前赤く腫れていたお顔の色が白くなり随分落ち着いた感じです。2004年6月23日

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。