花粉症に想う

オルゴール療法をはじめて、花粉症が2年を超えた例がありません。杉や檜など季節的な要素があり、正確な治癒期間があいまいですが、それでも2年を越えて症状が出ることがありません。
オルゴール療法研究所福岡支部のセラピストは、20年来のヒノキの花粉症でした。昨年研究所をオープンする3日前から研究所に入りました。奥の施療ホールに真新しいヒノキのベッド4脚が設置されていました。エレベーターの中で既にヒノキの香を感じて身構えたそうです。

毎年、4月から5月がひどく、肌が荒れ、赤い湿疹が出て、鼻水が止まらず、くしゃみがひっきりなし、それをマスクで隠しても、目がかゆく、充血、あるときに、ヒノキの足湯に浸かったところ、靴下が履けないくらい真っ赤に湿疹が出て1分も我慢が出来ませんでした。

ひのき張りのサウナでは、息が出来ず、すぐ出ないと、苦しく1分も持たず、5分は絶対無理でした。そんな状態でしたから、1月7日に研究所に入ったとき、ひどくなる4月ではないのに、その前に起きたので驚き、檜のベッドが4台も有って、店長にとてもここで仕事は無理だと訴えたのです。

『オルゴール療法で花粉症は良くなるから』と説得され、毎日受付の事務をするときに、膝の上で1日中聴いたのです。3月になって、気が付きました。マスクをしている方が苦しく感じて取り外しゆっくり息が出来るようになっていました。奥の療法のホールに行っても大丈夫だったのです。

そのときは、オルゴール療法の即効性を未だ信じることは出来ませんでした。3年はゆうに掛かると思っていましたのに、3か月で療法室に入っても何ともなくなっていました。普通になっていたのですが、以前からのトラウマや恐怖心があって、まだホントに信じ切ることが出来なかったのです。でも花粉症がひどくなる4月が来ても5月が過ぎても何にも起こりませんでした。こんなことは、ここ20年間起こったことはありません。

今1年が過ぎて、花粉症の為のマスクをせずに、驚いたことに、あのひのきのベッドにも寝られるようになり、自信が出来ました。恐怖心もなくなり、精神的にも強くなったような気持ちがします。毎日の仕事が出来るようになり、お陰様で花粉症から解放されました。有り難いと思っています。花粉症へ

コメント:
アレルギー体質を根本から改善して、抵抗力を付けるには、脳を正常にすること、その為には脳の生命中枢を正常にすること、脳幹、視床下部のコントロールの力を増すには、自然界のひびきを受け、血流を回復、細胞に栄養素、酸素を届けて臓器を元気にすることです。ひびきの療法が如何に広範囲にからだの不具合を解いているかを、この一例からでも感じて戴きたいのです。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。