手の関節の腫れがすっと引いていて帰るときには曲げやすくなっている!

 2008年よりリウマチの症状があり、指のくるぶしがはれ太くなっている。また関節が曲がりステロイドを服用していた。膝の痛みやお腹の痛みもありました。温熱療法、整体マッサージ、岩盤浴によく通いリウマチは寛解状態ではありました。

 2015年4月28日に初めて大阪のセラピー体験会に参加しました。オルゴールは自宅にはなく、今までに10回グループセラピーに参加しています。

 初めてセラピーを体験した直後は関節に痛みが出ましたが、いつも気になっていた手の関節の腫れがすっと引いていて帰るときには曲げやすくなっていることに気がつきました。

 また、リウマチの薬の副作用からか身体が冷えやすい体質でしたが、身体が温まりほっこりする感覚や、手のむくみの解消を体感しています。

 自分が楽になっていることを体感したので、3回目からは同じ症状の友人を誘い2人で参加しています。

 頻繁に通うことができないので、症状が良くなったり、悪くなったりではありますが、セラピーを受けると症状が緩和されるのを感じています。

 また、セラピーをはじめて4ヶ月ほど経過した9月に受けた検査ではリウマチの検査で異常はありませんでした。今後も症状の改善に向けて取り組んでいきたいと思います。  間節リウマチ 石河文恵さん(仮名)  50歳代・女性 

カテゴリー: オルゴールセラピー | コメントする

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。