顔面痙攣が起こり顔面神経失調症と診断

「内科で顔面痙攣の起こる顔面神経失調症と診断され朝晩薬を服用しています。不安で眠れない夜を過ごします。耳の後ろからボアーンとふさがる感じです。顔面の左側が時々にピクピクと痙攣を起こしています。家族の病気が心配でいつも緊張状態で気の休まるときがありません。深く眠れて、リラックス出来るようになりたいです。
 9月の初めにオルゴール療法を紹介されて参加しました。療法後の体温は36.7度で温かく感じました。次の日の目覚めが良く、久々に快眠出来ました。熟睡して、6時間寝ました。起きた時にすっきりして、頬のつりがありませんでした。身体がとても軽いです。それ以来よく眠れるようになりました。

 5回目、顔面痙攣がなくなり、顔の引きつりが取れました。耳の後ろのボアーンとした感じが減りました。目の玉や耳を動かそうとすると痛みが走っていたのが取れました。不安がなくなったせいか笑顔を取り戻せたようです」 2004年9月12日 60歳代女性 C.T.さん 大阪府

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。